オカメインコの挑戦 2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

PCの反撃

PC側面

オカメインコにとって、人間の部屋は意味不明な興味をそそるものでいっぱい。眼を離すと、すぐに冒険に出ます。トゥイはPCカードを出し入れするためのボタンが気になるようです。




「なにかしら、これ?」
さっそく齧ってみましたが、反応なし。しかし、どうもあやしい。飼い主がときどき指で触っているのを彼女は知っています。




試行錯誤するうちに、ボタンを嘴で押してしまいました。

ボコッ!

急にボタンが飛び出してきて、トゥイにストレートパンチ。

「何すんのよ、このぉ!フッフッ!」

トゥイはガブガブと反撃。それでも、このボタンを気に入ってしまったようで、その後もしばしば、飛び出させています。この活発さをフブと分かち合ってほしいです。


フブ : フュイフュイ ! ( いつも応援ありがとう ! )











スポンサーサイト

PageTop

「毛引きの要因 6/6」 毛引きへの報酬 2/2

前回は、飼い主が、関心を示すという「報酬」を与えることによって、オカメの毛引きを促進してしまうことがあるということを書きました。前回、2回に分けると書いたのですが、誤って、今回に回そうと思った内容も前回の記事に書き込んでしまったので、今回はこの連載全体を通して思ったことを書くことにします。


毛引きには複数の要因があるので、根本的な解決を目指す には、その原因を見極めることが大切であると思いました。原因が取り除かれれば、結果は生じません。その原因は複数であることもあれば、単数であることも あるでしょう。正しい原因を見つけることが重要だと思いました。例えば、止まり木が不適当であったとしても、それが毛引きの原因であるとは限りません。原因 は、餌や孤独など、別のところにあるかもしれません。飼い主の愛情とそれに基づく観察・試行錯誤が毛引きのコを救う第一歩であると思います。勉強になりま した。


フブ : フュイフュイ ! ( いつも応援ありがとう ! )
PageTop

「毛引きの要因 6/6」 毛引きへの報酬 1/2




やっと毛引きシリーズ連載は今回で最後になる予定でしたが、記事が長くなってしまったので2回に分けます。今回と次回は、トレーニングにも用いられる「報酬」が、毛引きにおいては毒にも薬にもなるというお話です。オカメのクリッカートレーナーを趣味としている私には、とても合理的に思われる考え方です。
PageTop

「毛引きの要因」 5/6 不適切な止まり木




ブログを打つのは、最後の記事を見る限り、ふた月ぶりのようです。私も2羽のルームメートたちも健在です。しかし、ハードディスクに不都合が生じて、とりためてきた写真や動画の多くを失ってしまいました。それが契機となって、少しの間、ブログから離れていたところ、気づけば、ふた月ものブランク・・・。拙著の読者の方にはご心配をおかけしました。もちろん、引き続き、ブログは更新してゆきたいと思っています。

さて、「毛引き」に関する記事を連載していましたが、残り2回を残して、雲隠れ状態になっていました。今回は、毛引き記事の5回目を打ち込もうと思います。
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。