オカメインコの挑戦 2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

床の上で玉入れの復習

今回はケージの上ではなく、床の上で玉入れの復習。ここがトゥイのいつものトレーニング場です。ちなみにフブの道場は机の上。彼の爪はカーペットに引っかかりやすいからです。
床の上で復習

あらら。玉とビンを眼の前に置いてても、何事もなかったかのように、立ち去ってしまいました。半年のブランクは長すぎたかな?


さあ、餌をあげるから、こっちに戻っておいで!ご褒美もらったらトリックを思い出すかな?


ご褒美をもらうや、トゥイはビンにボールを入れました。味覚の記憶は強いようです。「fubutouiが投げたボールをトゥイが取ってきてビンに入れる」というのがこのトリックの目標 ―トゥイは生後数ヶ月でこのトリックを完全にマスターしました ―ですが、今回はボールをビンに入れる動作までを思い出してもらいました。


フブ :ふゅいふゅい ! ( ブログランキング ! )



スポンサーサイト

PageTop

久しぶりの復習

10月は運動会シーズン。そこで、トゥイにトリックを復習してもらうことにしました。恐らく、半年以上、彼女はクリッカートレーニングをしていません。いつもは床に降ろしてトレーニングするのですが、後で床を掃除するのが面倒なので、今回はケージの上で。
ケージ上での復習1
何かしら?

トゥイの目前にボールを、その奥に標的を置きました。このボールを標的のビンに入れるだけ。トゥイならば、余裕でクリアできる簡単なトリックです。彼女は後退して、しばし沈黙。道具を見つめています。


えい!

ようやくトリックを思い出したのか、ボールをつつき始めました。下からフブが様子を窺っています。彼はトリックに関してはオブザーバーであることが多いです。彼もトリックの初歩は理解しています。彼の唯一の技は輪を皿に入れること。しかも輪を運ぶのではなく投げるので、命中率は2割以下。しかし、それはトゥイが採らない方法なので、面白いです。


どう?

さて、今回のトレはトゥイがボールをつついただけで終了。彼女はトリックを忘れかけていたようです。あるいは、場所が悪かったのかもしれません。床の上で再挑戦してもらおうと思います。


フブ :ふゅいふゅい ! ( ブログランキング ! )

 
 

PageTop

出来物フェチのトゥイ

腕を舐めるトゥイ1
腕を触診してあげる

トゥイは私の皮膚のトラブルに敏感です。彼女は私の皮膚を舌と嘴で点検することがあります。フブはそういうことをしないので面白いです。


この赤ポチは何かしら

トゥイに出来物を軽く噛まれて初めて皮膚のトラブルに気がつくこともあります。そのために出来物が悪化することも少なからずあり。でも、トゥイの可愛らしい動きをみたくて、許してしまいます。



少し腕まくりして

皮膚に薬を塗っているときには、トゥイが舌でそれに触れないように気をつけなければいけませんね。それと、問題部位が膿んでいるときにも気をつけたいです。黄色ブドウ球菌などが繁殖しているかもしれません。


相変わらずポツポツだらけね

私の腕には幼少の頃から人畜無害なポツポツがあるのですが、彼女にはそれが気になるようです。最近知ったのですが、そのポツポツは毛孔性苔癬というもので、中年になると消失してゆくようです。楽しめるのは今の内だけだよ、トゥイ。



フブ :ふゅいふゅい ! ( ブログランキング ! )


PageTop

白いケージはダメ?

ケージの色に関する興味深い情報を見つけました。

Wichtig:
Der Käfig sollte nicht weiß sein sondern messingfarben, grün oder auch schwarz.
Sonst fühlt sich der Vogel nicht wohl sondern eingesperrt.
http://members.aol.com/Zabergeck/haltung.htm

重要:
ケージは白色ではなく、真鍮色、緑色、黒色のいずれかであること。
さもないと、鳥は気分がよいとは感じず、閉じ込められていると感じる。

「重要」と強調されています。よほどの自信ですね。この情報と同様の情報がほかにないか探したところ、一つ見つけました。

Außer der Größe des Käfigs gibt es noch einie andere Dinge zu beachten:
(省略)

Der Käfig sollte nicht strahlend weiß sein, weil dies den Vogel in seiner Wahrnehmung einschränkt.
http://www.voegel.de/german/haltung/index.html

ケージの大きさ以外にもうひとつ注意すべきことがある。
(省略)
ケージは光沢のある白色であってはならない。光沢のある白いケージは、拘束されていると鳥に感じさせるからだ。


どちらか一方の記事が他方を参考にしていて、しかも、参考にされた記事がその筆者の思い込みである可能性は否定できません。もう少し説明がほしいところです。納得のゆく説明を発見するまで、この情報には関心を持ちたいと思います。


 IMH-48-5L 
手乗りオカメ向きのブラック塗装ケージ

上の二つの情報がいうところのケージというのは、恐らく、ケージの網の部分を指しているのだと思います。「真鍮色」という部分からそう察せられます。ケージの底のプラスチック部分が真鍮色であることはほぼないでしょうから。底の部分だけが白いケージはセーフではないかと思います。

今回の情報の真偽について今のところは判断できませんが、鳥のストレスをより抑えたい人は、真鍮色、緑、黒のいずれかの色のケージを使うとよい場合があるかもしれません。もちろん、ケージを選ぶ際には形状や大きさ、材質、安全性、扉の大きさや位置など、他にも配慮すべき要素はあります。


フブ :ふゅいふゅい ! ( ブログランキング ! )




PageTop

実り&食欲の秋 - 畦編

イヌビエ3
畦には雑穀が実ると聞いて水田に来ました。豊満に実をつけて直立する植物を発見。恐らくイヌビエ。前回掲載したタイヌビエよりも全体的に細め。タイヌビエの穂はたれていますが、イヌビエの穂は直立しています。


イヌビエはヒエの原種だそうです。粟の原種であるエノコログサがインコの餌になりうるのですから、イヌビエをオカメに与えることは可能だと思います。残念ながら、ここのイヌビエは、農薬や道路冠水後の消毒、排気ガスで汚染されている可能性が高いのでオカメには与えられません。



米の苗に似たイヌビエの個体は駆除の難を逃れ易いそうです。淘汰の結果、田に出るイヌビエの苗は米の苗に似てきたそうです。イヌビエが擬態を身に着けたともいえますね。興味深い話しです。


イネ科のような植物発見。実が粟穂のようにたれていいます。いかにも鳥が食べそうです。ネットや図鑑でそれらしい雑穀を探したのですが見当たりませんでした。


イネ科の植物の葉は細長いそうです。この植物の葉は幅が広いので、イネ科の植物ではないと思います。小さな花を密集させて雑穀の穂のような形をつくる植物を見かけることがあります。その枯れた姿かもしれません。

おいしそうな雑穀たちを眺めていて、粟を栽培したくなりました。以前に一度挑戦したのですが、粟と思って育てていた稲からはマイロの穂が出ました。それでも私のオカメは食べてくれましたが、次ぎの機会には間違いなく粟穂を収穫したいです。



フブ :ふゅいふゅい ! ( ブログランキング ! )

PageTop

実り&食欲の秋 - 川原編

土手にて
近所の駐車場でスズメが跳ねていました。まるで運動会。その中心にはねこじゃらしがありました。ねこじゃらしの実はスズメの餌になるのですね。実りの秋。食欲の秋。オカメにかわって、おいしそうな植物を求めて近所の川原へ。



川原の植物といえば、これ。ヨシです。川に住み着いているコブハクチョウがときどき葉を齧っています。すでに穂が実っています。水鳥はこの種子も食べるようです。


土手の砂利道に沿って、エノコログサが茂っています。いわゆるねこじゃらしです。調べたところ、粟を排出した名門植物と判明。スズメが執心するはずですね。火であぶるとポップコーンのような食感を得られるようですが、食べ過ぎると中毒になる?粟の本家だけあって、皆さんのブログを拝見すると、インコに与える人もいるようです。


茂みにネコ発見。まだ仔猫の面影が残るかわいらしいネコです。地面を掻いています。ねこじゃらしでコミュニケーションをとろうかな?ネコに関するブログによれば、ネコはエノコログサを食べるようです。ねこじゃらしは実際に獲物でもあるんですね。


頭をたれているねこじゃらし。実はエノコログサの近縁のアキノエノコログサ。ねこじゃらしにも種類があるんですね。両者とも秋に実るのに、片方だけ「アキ」が強調されています。調べたところ、アキノエノコロはエノコロに遅れて開花するそうです。なるほど。


ねこじゃらしで一緒に遊ぶ間もなく、ネコは藪の向こうへ。またね!


かわった色のねこじゃらし。恐らくはムラサキエノコログサ。エノコログサよりも痩せている感じです。


薄ピンク色の植物を発見。これはねこじゃらしとは実のつき方が違うようです。毛がありません。調べたところ、もしかしたら、タイヌビエ。こういう格好のチョコレート菓子がありますね。おいしそうです。


オカメを飼うようになって、野生のイネ科の植物が気になっていました。食べられるのかなと。まるで私がオカメになったようですね。かご抜けしたセキセイがどこかの川原で群れていたという話しを聞いたことがあるのですが、こういう野生の穀物を食べていたのかもしれませんね。

人間の生活圏内にある野生の雑穀は、かなりの確率で、消毒や農薬、除草剤で汚染されているので、家庭の動物には与えない方がよいと思います。しかし、それらがどういう植物か知るだけでも楽しいです。


フブ :ふゅいふゅい ! ( ブログランキング ! )


 

PageTop

ランプで暖をとるトゥイ

ランプシェード

暑さ寒さも彼岸まで。寒い日が多くなってきましたね。上の写真はランプで暖をとるトゥイ。糞でランプシェードに模様をつけられる前に戻ってきてもらいました。

彼女は、ランプシェードがある一帯には積極的には近づかないのですが、放鳥中にパニックを起こして、そこに不時着。迷い込んだ蚊にでもおどろいたのかな。逃げ帰ってくるかと思いきや、暖をとり始めました。少し表情がこわばっています。

トゥイは暖をとっているはずなのに、私には涼しげに見えます。ランプによる陰影とこわばった彼女の表情が怪談映画を発想させるからかもしれません。



フブ :ふゅいふゅい ! ( ブログランキング ! )

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。