オカメインコの挑戦 2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「過剰なペット愛」を観て

 皆様には、暖かいお言葉や有益な情報を頂き、心から感謝しています。トゥイがこんなにも好かれていたのだと知り、とても嬉しく思っています。今日から記事のアップを再開します。今回は、トゥイが旅立った後に見て興味深く思った動画について書きます。

 その動画のタイトルは「異国のタブー ― 過剰なペット愛」。簡単に内容を紹介すると、前半はペットの死後にその体を剥製にすることを望む人々について。後半部は、サルやヘビなど必ずしも安全ではない動物を飼う人々について。
既に削除されてたらごめんなさい。

 

 上の動画は「過剰なペット愛」の前半部分。セキセイインコの剥製も登場します。そのセキセイインコの飼い主は完成された剥製を迎えに来なかかったそうです。様々なペットの剥製が引き取られぬまま保管されている様子が映し出されます。失われたペットに対する感情が落ち着いたために剥製が引き取られないケースがあるようです。一方、剥製になった伴侶をずっと側に置いている人も登場します。動画の後半部分については今日の記事の最後の方にリンクさせてあります。

 この動画は、動物に関する動画を検索していて偶然に見つけました。私がどうしてこの動画に興味を持ったかと言うと、トゥイを失ったことがその理由の一つです。ペットの亡骸をどのようにするかということについては、亡くなる前と後では考えが変わることがあります。潜在的なものが理屈という表面的なものを越えて出てくると言うべきかもしれません。想定されていたことが実際に生じると、それ以前に考えていたことがむしろ現実離れしていたと思われることがあります。変なたとえですが、例えば、彼女 or 彼氏に振られたとき。クールでいようと思っていても、そうはゆかないことがあります。振られると、それまで潜んでいたものが表面化してきます。ペットの死も同様です。感情というものは思い通りにはゆきません。

 トゥイが亡くなった後、父や母は剥製にしてもらってはどうかと私に提案しました。トゥイが元気なときには、それもいくつもの選択肢の一つではあると思っていましたが、トゥイが旅立った後、それについて気持ちが明確になりました。トゥイの皮をはいで、臓器を取り出し、眼をくりぬくなど、想像するのも嫌です。亡骸は痛みを感じないでしょうけれど、トゥイに対する自然な気持ちがそう思わせます。それに、私はトゥイの身体ではなくて、トゥイそのものを愛していました。ペットの亡骸の処理に関しては無条件に最良もしくは最悪と評価できる方法はないと思います。飼い主の気持ちと法の範囲内で許される実行可能性の問題であると思います。

 私はトゥイを剥製にしようとは思いませんでしたが、ペットを剥製にした人と共通する気持ちを持っていたと思います。トゥイの亡骸と離れてもよいと思うまでにある程度の時間を要しました。それはトゥイとの絆を改めて確認して混乱を収束させるまでの時間であったと思います。「喪」には様々な意味を見出せますが、心理的にはそういう意味もあると思いました。ペットを剥製にした人の場合、「喪」が私よりも長いだけだと思います。そういう人にも、ペットを埋葬してもよいと思える日が来ると思います。

 さて、以下は動画の後半部分です。人間を強く噛むなど、人間とうまく生活できないために手放された動物が登場します。触れあいに注意を要する鳥や雄たけびの激しい鳥を飼っている人には興味深いかもしれません。



 今回が今年最後の更新になるかもしれませんので、今年の締めのご挨拶。皆様と鳥たちが幸福な新年を迎えられることを心より願っています。


スポンサーサイト

PageTop

トゥイが旅立ちました

トゥイの生前最後の写真

昨日の夜、トゥイが旅立ちました。上の写真は生前最後の写真です。いつ彼女が去ってしまったのか、正確な時間はわからないのですが、この写真を撮って一時間以内であると思います。私が部屋に戻ると既に。

私が部屋を出ようとすると、彼女は、私の方へむかって、プラケース内を歩いてきまいした。私の元へ来たがったので、「ちょっと食事に行って来るからね」と言葉をかけて、部屋を出ました。それが彼女への最後の言葉になりました。私が不在であった数十分の間に旅立ってしまいました。最後の異変に気がつかなかったことが悔やまれます。きっと彼女は私にそれをアピールしていたのだと思います。側にいてあげられませんでした。

彼女は粟穂の茎に齧りついたまま背を上にして眠っていました。立てなくなっても、粟穂の茎を嘴でつかみ、なんとか立ち上がろうとしていたのだと思います。粟穂の茎の根元が粉々になって散らばっていました。

様々な想念が一度に湧いて、涙が止まりません。今更ながら、何をもってもかえがたいいのちだと気づかされます。どうしようとも、もう彼女に会うことはできません。そう考えると頭が変になりそうです。

トゥイの写真やこのブログ、思い出の品々を見ることに抵抗があります。よい思い出としてそれらを眺めることができるようになったら、このブログを更新しようと思います。今日のトゥイの様子についてはそのときに改めて触れようと思います。このブログについたコメントにはなるべくすみやかにお返事するように心がけます。いままで応援してくださってありがとうございました。


補足 2008.12.23:
かなさんよりトゥイの病状についての情報を頂きました。鳥専門の獣医師に訊いてくださったそうです。トゥイにかわり心より感謝します。同じようなトラブルに見舞われた人に役立てば嬉しいです。頂いたそのままの文を以下に載せます。


お尻から出る液体について
まだ体内に欠片が残っていないか、残ってない場合は徐々に減るはずです。 残ってる場合は体液は減りません。残ってなくて体液が減らない場合は卵巣に問題がある可能性が高いです。その場合、抗生物質がくくのと効かないの があります。2週刊たってて減らないのは効いていない可能性があります。綿棒は抗生物質を飲んでいる場合は必要ないかと思います。とのご意見でした。






PageTop

毎日コースメニュー



昨夜の就寝前のトゥイの体重は100g。本当は99gだったのですが、粟穂を入れ、1g分強引に(?)食べてもらって Just 100gになってもらいました。病鳥の体重が前日よりも少ないと、飼い主としては気分がよくない。そういう私の我がままにつきあってもらいました。そ嚢のふくらみは七分未満なので問題はありません。



同日の就寝前のフブの体重は114g。彼としては普通です。このレベルをキープしています。彼は空腹時で108g前後です。彼の体は並のオカメよりも大柄なので、このくらいあっても可。



最近のトゥイの夕飯はコースメニュー化しています。前菜は薬入りふやかしペレット。稀に耳かきに盛られる薬ドリンクがそれに加わります。そしてシード。その後は、粟穂。デザートは果実系の香りのカラフルペレット。一つの餌に飽きた頃を見計らって、次々と餌を変えます。食欲を刺激されるらしく、一層食べます。これによって毎日の体重がキープされています。



左は種子餌が化けたもの。右は果実系の香りのカラフルペレットの成れの果て。カラフルペレットは糞に色をつけてしまうので、健康状態を正確に把握するのには邪魔になりますが、そういうことを言っている場合ではないので、食べてもらっています。でも、あまり好きではないようです。好きな餌に飽きたときに少しでも多く餌を食べてもらうために与えています。我が家のオカメは果実系の香りが苦手。野菜や果物はそれ故か全く食べません。



私がふやかしたペレットをもってくると、トゥイが近づいてきました。今日はアグレッシブに一服盛られてくれるかと期待しましたが、全く食べず。私の顔や頭を見上げてそわそわとしています。今にも飛び立ちそうな雰囲気。外に出して、体を点検し、しばらく頭や頬を撫ぜてあげると、ふやかしたペレットを食べだしました。どうやら、私と触れ合いたかったようです。



その後は、引き続き、餌をよく食べてくれました。今日は私と触れ合いたがってくれたので調子がいいのかもしれない。就寝前体重は101g以上になるのではないかと予測。



が、今日も100gでした。ちなみに、今朝の体重は96gでした。100gの壁を越えられませんが、ここ数日、体重は安定しています。お尻の周りの傷はかさぶた化しました。これを刺激しないように気をつけています。内部については目視できないので分泌物から判断しています。内部からは分泌物が未だにあるので、まだそれほど回復していないようです。引き続き薬で内外から攻めてゆきます。



フブ :ふゅいふゅい ! ( ブログランキング ! )








PageTop

トゥイの再診

薄暗いうちから餌を食べるトゥイ

朝、ケージカバーの中からパチパチと聞こえてきました。餌を食べているのは誰かとカバーの端をめくると、トゥイがいました。寝不足になっては困りますが、今日は動物病院に行く日なので、いつもにも増してカロリーを摂取しておいて欲しいと思いました。



起床後の体重は95g。朝食の食いつきもいいです。体調は悪くないようなので安心。しかも、外はよく晴れているし、さほど寒くはないので、通院にはよい日です。餌を食べた後の体重は97g。



プラケースにトゥイと粟穂を収納。嫌がられると思っていましたが、以前ほどは嫌がらず、落ち着いています。慣れたのでしょうか。道中、粟穂を食べてくれることを祈りつつ、ケースをバッグの中へ。

病院でのトゥイは、前回よりもだいぶ落ち着いていました。獣医師につかまれると嫌がってはいましたが、金切り声のトーンはだいぶ抑え目。普通に嫌がっているときの声しか出しませんでした。しかし、元気でした。私に毎日のように体を抑えられて、お尻やお腹を触れられていたので、体を抑えられたり、腹部周辺を触られたりすることに慣れたのだと思います。


今回は合計1890円。残っている薬を引き続き使うことになり、薬は新規に処方されませんでした。そうそう、薬の名前をそれぞれメモしてきました。薬や薬について訊いたことについては別の回に書こうと思います。

さて、トゥイの腹部はまだ腫れているそうですが、元気であると言われました。病院で測定された体重は94g。前回よりもわずかに少ないと言われました。前回も94gだったと思うので、多分、前回は94g台後半、今回は前半だったのでしょう。体重に問題はなし。糞の状態もよいということでした。

綿棒を入れると出血させてしまうと説明したところ、総排泄腔に薬を挿入せずに、総排泄口に塗ることになりました。薬はそれでも浸透してゆくそうです。浅く綿棒を挿入して出血しなくなった一方、深く挿入すると出血するのは、比較的奥に炎症が残っているからだそうです。総排泄口に滲む液は炎症を起こしている部分から来る体液であるそうです。管脱は起こしていないそうです。

総排泄口付近や羽毛の汚れは落としたほうがよいそうです。無理に落とすと症状が悪化してしまうので、処方された消毒液で少しずつ落とすようにすればよいということです。汚れをぬるま湯で落としていると説明したところ、それでもよいそうです。



帰宅するやおとなしくしていたトゥイは出たがってジタバタしはじめました。前回動物病院に連れて行ったときには、プラケース内の餌は全く食べていませんでしたが、今回は、道中、食べているのを見ました。バスや電車を待つ間、バッグを少し開けると、粟穂をよくついばみました。やはり、体力的にも精神的にも余裕が出来たのだと思います。前回、彼女は、食欲が低下していた上、かなり緊張していました。

帰宅直後の体重は92g。往路で3g、帰路で2g減少したことになります。



ケージに戻すや、まず、水を二口。彼女は野菜や果物を食べないコなので、移動中は、水分補給してあげられません。数時間、乾きを我慢してもらっています。下手にプラケース内に水を入れてこぼしてしまったら大変です。



帰路も粟穂を食べてはいましたが、お腹は空いていたようです。水を飲んだ後は餌をついばんでいました。或いは粟穂以外のものを食べたかったのかもしれません。食事の後は眠っていました。



夕食もよく食べ、就寝前には昨夜と同じ100gに戻っていました。私の気配を室外に察知すると私を呼んで鳴いていたので、比較的元気です。弱っているときには呼び鳴きが完全に途絶えます。通院に慣れたために、食欲に影響するほどのストレスは受けなかったようです。


フブ :ふゅいふゅい ! ( ブログランキング ! )
 









PageTop

傷を悪化させてしまった

朝の投薬12.05

今朝の起床後のトゥイの体重は94g。投薬のためにペレットをふやかしたけれど、トゥイは普通の餌を食べ始めてしまいました。彼女が自分から進んで餌を食べているときには邪魔をしないようにしています。ふやかしたペレットはフブに乳酸菌を与えるのに一部使いました。隙をみてトゥイにこの挿餌を近づけたところ、食べようとするので、すばやく薬を加え食べさせました。

朝の投薬を終えて思ったことがあります。抗生物質を投与中に乳酸菌を与えることは意味があるだろうか?抗生物質によって乳酸菌が死滅させられてしまうとも考えられるし、一部は生き残って、次ぎに抗生物質が投与されるまで有益な働きをしてくれるとも考えられます。或いは、抗生物質投与から時間を空けて摂取すれば次ぎの抗生物質投与まで生存しているかもしれません。獣医師にお尋ねしたいです。



トゥイの総排泄腔が再出血。これは私が悪かったと思います。いつもかなり浅めに綿棒を挿入していたのですが、見当違いのところに塗布しているような気がしないでもありませんでした。そこで、今回は少しだけ深く挿入しました。どの程度の深さで挿入すればよいのか詳細に訊いていなかったのは失敗でした。後で血便が出てきました。もとからあった傷がこすれて出血してしまったか、新たに傷を作ったかどちらかです。次ぎに動物病院に行くときには綿棒を持参して、傷の具体的な位置や挿入の深さの目安をお尋ねしたいと思います。

どうして薬を見当違いの場所に薬を塗っているのではないかと思ったかというと、白い半透明の液体が常に総排泄腔に滲んでいるからです。これは塗布薬が滲んだものではないと思います。この液体の正体についても獣医師にお尋ねしたいです。膿みかもしれないと思っています。



就寝前の体重は100g。昨夜と同じです。キープ体重領域からやや脱した状況が昨日今日と続いています。傷を悪化させてしまったのですが、食欲はまあまああります。今夜もふやかしたペレットで投薬できました。

今週末は動物病院にトゥイを連れてゆく予定です。時間が許す限り、疑問に思うことをお尋ねしたいと思います。訊くべきことをよく思い出して、忘れないようにそれをメモしておきます。



フブ :ふゅいふゅい ! ( ブログランキング ! )







PageTop

再び挿餌を食べた&体重100g台

今日の起床後のトゥイの体重は思ったとおり93g。今までの観察を総合すると、一晩でおよそ5g前後軽くなります。そのほとんどは糞だと思います。

再び挿餌を食べるようになったトゥイ

今朝は試しに挿餌を与えました。挿餌といっても、雛用のパウダーフードではなくて、ペレットをお湯でふやかしてつぶしたものです。雛のときの挿餌同様、冷めると食べなくなります。投薬開始当初、この擬似挿餌に処方された薬を混ぜて与える予定だったのですが、食べてくれませんでした。それだけ具合が悪かったのでしょうね。今日は食べてくれました。

平常時、病気になったときに備えて、稀にこれを与えて慣れさせていました。慣れさせるまでもなくよく食べていました。今回、想定どおり、これに薬を混ぜて与えました。1スプーンの挿餌に対して薬の量が多すぎると食べなくなってしまいます。一度薬入りだと気がつくと、次ぎのスプーンを警戒します。彼女が気がつかない程度の量を盛って与えます。



トゥイの下腹部を洗浄しました。再び汚れて、羽毛と皮膚の状況が好ましくありませんでした。この前の洗浄でコツをつかんだので、ぬらす範囲はかなり限定できました。要した時間は以前の数分の一。ドライヤーで乾かしながら、トゥイの体をときどき触ります。寒気を感じている場合には震えています。この震える時間をいかに少なくするかが重要。震えが収まり、くつろいだ様子になり、羽毛がほぼ乾けば終了です。



洗浄後の様子。すぐにペレットをついばみはじめました。洗浄&乾燥で体に負担がかかると、疲労から眠ってしまいます。今回はうまくいったようです。



洗浄後の糞の様子。色も軟らかさもコントラストも良好。健康なときの糞と同じです。ストレスはさほど受けなかったようです。



今日も出してコールはなく、おとなしめだったものの、就寝前体重は Just 100g ! しかし、再び卵を体内に持っている可能性は否定できません。この調子が続いて卵を産まないことを期待しています。


フブ :ふゅいふゅい ! ( ブログランキング ! )




PageTop

88g→98g

眠そうなトゥイ12.02

昨日のトゥイ。眠そうにしていました。昨日の朝の体重は88g。アクシデント発生後最低記録。一昨日就寝前体重が93g ―一週間前の日中に動物病院で計測された体重より1g少ない体重― だったので80g台になっているだろうと思っていました。



しかも、水分過多便発生。このレベルの水分過多便は一週間ぶり。朝の観察を総合して、容態悪化かと思いましたが、すぐに糞はもとの状態にもどりました。水分過多便はさほど珍しくありませんが、少々水分が多めに見えます。昨夜食べた量が少なかったので、相対的に水分が多くなったと思われます。動物病院に行った日の便がこのような感じでした。



その晩のトゥイ。夕飯をもらえる雰囲気を察してあわただしく動きだしました。食欲はあります。この日の就寝前体重は94gでした。



さて、今朝。ケージカバーをとるやいなや、餌箱にとことこと駆けていって、ペレットをついばみ始めました。上の写真は眼の錯覚で眠っているようにも見えるのですが、よく見ると、彼女は顔を下に向けて餌をついばんでいます。食べるのをできるだけ邪魔したくなかったので、起床直後の体重は計りませんでした。起床後10分くらいしてから計ったところ、92g。おそらく、起床後の体重は90g前後であったと思われます。



今日も出してコールはなし。夕方、夕飯前の間食に粟穂を与えました。今回は丸ごとサービス。丸ごと与えたからといって食べる量が増えはしないと思いますが、昨日を思い出すと、丸ごと与えたい気持ちになります。食べられるときに食べて欲しい。粟穂を食べた後の体重を試しに計ったところ、95g。



ところで、ここのところ気になりだしたことがあります。トゥイの総排泄口を観察すると、糞がやや出てきていることが多い。人間であれば、便意が生じてはじめて大便を肛門から出しますよね。でも、トゥイは時間をかけて少しづつ便を出して、ある程度出ると、一気に出しています。これは普通なのか、それとも、アクシデントの影響なのか。もともとトゥイはフブの1.5倍くらい長い排便間隔をもっていたので、なおさら興味深いです。



トゥイの総排泄口との比較のため、フブの総排泄口を観察することにしました。が、彼の総排泄口付近は羽毛によって隠されていて目視による確認が困難です。ちなみに、トゥイは、剃毛されてしまったので、総排泄口付近が露出しています。お尻の羽毛を掻き分けて無理に見ようとしたらフブが怒り出してしまいました。緊急を要することではないので、止め。動物病院に行ったらこの疑問についても訊いてみようと思います。


さて、粟穂を与えた直後から調子がよくなったようで、ペレットもよく食べていました。一度に多くを食べさせてはそ嚢によくないので、そ嚢が縮むのを待ちました。空の餌皿を持ち上げると、夕食の気配を察したトゥイは喜んで左右に動き回りました。シードを入れてあるビンが空になっていたので、シードのパックをとりに廊下にゆくと元気な声で私を呼びます。彼女はアクシデント以来、ほとんど呼び鳴きをしなくなっていました。嬉しいというよりも、急に元気になって、むしろ、不審です。


就寝前の体重は98g。かなり重くなりました。昨日の朝よりも10gも多い。明日の朝は93gくらいではないかと思います。これ、人間だったら凄いことです。フードファイター並です。そ嚢内の流動に気をつけていたのでそ嚢にはダメージはないと思います。

体重がたまたま重くなったからといって期待するのは止めておきます。冷静に観察するのみ。


フブ :ふゅいふゅい ! ( ブログランキング ! )











PageTop

粟穂は別腹

暖房の前でくつろぐトゥイ

今朝のトゥイの体重は91g。90g台はキープ。暖房器具の前でくつろいで過ごしていました。ときどきケージ内を駆け回っていたので元気がないわけではないようですが、やはり、一昨日よりはおとなしめ。



食事量を増やしてもらうために一昨日のお土産の粟穂を切り取って与えました。丸ごと与えると、網の下にこぼしてしまう量が多いので、この程度の大きさに切り取ってペレットの皿に入れて与えることにしました。フブが棚から牡丹餅だと喜んでいます。



さて、今日も薬をお尻に塗布。投薬に手間取ると、ケージか家具の上に逃げます。このときは薬の塗布がちょうど終わったところ。ケージの中に戻ろうと飛んでゆきました。よほど嫌なんでしょうね。私が薬を塗布する気配を察します。その気配を消すのが大変。



無事帰還するも、就寝前の体重測定タイム。体重は92g。少なめです。



もう少し食べてもらうために粟穂を再び与えました。粟穂の下には夕飯の種子餌。思ったとおり、食べてくれました。種子餌の中にも粟は含まれていると思うのですが、穂は別腹のようです。こういう姑息な手段がトゥイには有効。面白いですね。1グラムプラスの93gで就寝。


フブ :ふゅいふゅい ! ( ブログランキング ! )




PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。