オカメインコの挑戦 2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

"病気のオカメが引き起こした人間の死"を読んで

前々回はロイターに出ていたオカメに関する記事を紹介しました。他にオカメに関する記事がないかロイターのサイト内で検索したところ、2008年6月16日付けの次ぎの見出しを発見しました。

Man's Death Caused by Diseased Cockatiel

この記事の内容を簡単に言うと、ある女性がショップから買ったオカメがオウム病で死に、その人のお父さんもそれに感染して亡くなってしまい、その後、その女性は鳥の販売の自粛を促す運動をしているというもの。

その女性が不適切に感情的になっているだけだと思われてしまうかもしれませんが、ショップや繁殖業者が過去にオウム病の鳥を流通させかかっていたことについても載っています。彼女は、単に鳥が危険であるというだけではなく、供給サイド側に問題があるので、鳥の販売に反対しているのだと思います。また、彼女は他人に同様の悲しみを味わわせたくないという善意から運動を行っています。彼女のしていることは理解できます。


我が家のカメたち

私がまだ幼稚園か小学生だった頃、親にミドリガメを飼いたいと言ったところ、ミドリガメには毒があるからダメだと言われました。新聞かニュースで得た情報のようでした。大人になって知ったのですが、その当時、ミドリガメが持っていたサルモネラ菌が原因と見られる症状で死亡した子供がいたようです。その事件をきっかけに捨てられるミドリガメが急増したとも聞きました。クサガメやイシガメもサルモネラ菌を持っていると思うのですが、彼らが危険視されたという話しは聞いたことがありません。

上の写真は我が家のカメたち。左下と右上のカメはクサガメ。真ん中のカメは拾ったミドリガメです。彼らは有害な菌を保有しているかもしれませんが、適切な飼育をしていれば、飼い主が彼らの保有する菌によって病気になることはありません。彼らに関する知識がそれを防ぐからです。

上のオカメのケースは様々な問題を示唆すると思いますが、その一つに、買う側の知識の問題があると思います。オカメに関する知識がある程度備わっていれば、人間の死は防げたかもしれません。上の記事はオカメの供給サイドの問題に焦点を当てていて、オカメを購入する側の問題については触れていません。オカメを飼う事でいかなる問題が発生しうるか、その前兆や状況はいかなるものか、それについて知識を深めるほど、飼い主側のリスクも低下すると思います。

飼い主の知識不足は供給サイドの問題でもあるともいえるかもしれません。彼らが誠実で、適切な説明を行えば、飼い主が危険な状況に陥る可能性は低下すると思います。彼らが不誠実で、オカメを売る際の注意が不十分であったことが上のケースでは決定的であったとも見なせます。鳥の販売が自粛或いは禁止されれば恐らく根本から問題を無くせますが、件の女性もオカメとの生活を選んだ一人なのですから、それ以外の手段―たとえば、鳥の飼育に伴うリスクに関する具体的な説明の義務の実現―を重視する運動を行ってもよいのではないかと思います。

フブ :ふゅいふゅい ! ( ブログランキング ! )

スポンサーサイト

PageTop

鞘落とし

カキカキに寛容なフブ
フブをカキカキするときには軽く緊張します。彼の思うように触れてあげないと怒られてしまいます。下手に羽毛をつまむと嘴でベシッと指導が入ります。

最近、フブの顔の周りに新しい羽毛が生えかかっていて、春の竹林のようになっています。フブは羽毛の鞘をとって欲しいらしく、顔の周りの羽毛をつまんでも怒らなくなりました。多分、私が彼に何をしてあげようとしているか彼には分かっているんです。


 
新しい羽毛をつまんで軽く揉むと、鞘がフケのようにパラパラと落ちます。鞘をとって新しい羽毛をフワッと広げると私も気分がよくなります。

フブ :ふゅいふゅい ! ( ブログランキング ! )






PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。