オカメインコの挑戦 2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

掃除機をかけたから

正月が終わりましたね。皆さんのオカメたちにとって今年がよき年であることを心から願っています。今年もよろしくお願いいたします。さて、新年に去年のことを話すのもどうかと思いますが、今日は、昨年12月に撮ったフブの水浴びについてお話ししようと思います。
掃除後に水浴びするフブ

お祭りで冬の海に褌姿で入ってる人たちをテレビで見ることがあります。私は、子供の頃に池に自作の模型船のモーターを落としてしまって冬の池に入ったことがあります。かなりこたえました。

フブは機会さえあれば、寒い時期でも水浴びしたがります。羽毛が体を守ってくれるのでしょうね。今回は、掃除機をかけたために水浴びしたくなったようです。掃除機の排気によって部屋が初夏の陽気になってしまいました。小さな水のみにとっぷりと大きな体をつけてばしゃばしゃと水を弾き飛ばしています。




しぶきを上げ続けること十数分。フブはようやく満足したようです。濡れた羽毛で体が重そうです。よたよたと歩きまわっては体をブルルと引き締めています。ケージの壁に足をかけると上のほうまで登ってきました。



ケージの最上部まで登って不動の姿勢。嘴をケージの網に掛けて休んでいます。どうやら、体を通気のよいところに置いて乾かしているようです。彼にはある程度の知恵があるようです。湿度が40パーセント前後しかなかったので、ぼさぼさの羽毛は数十分で元通り。

体を乾かすとき以外にも、フブは高いところに張り付いて数十分もの間不動になることがあります。よくあることではないので、そういうときには、フブが何を感じているのか考えてしまいます。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。