オカメインコの挑戦 2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

野生のオカメインコの様子

野生のオカメインコの動画をYouTubeで発見しました。どきどき気まぐれに野生のオカメの動画を探します。去年までは、私の探し方が悪かったかもしれませんが、野生のオカメの動画は見つけられませんでした。家庭のオカメの動画ならば、ネット上で山ほど見られますが、野性のオカメの動画は珍しいです。オーストラリアでは、オカメインコはありふれた野鳥の一種なので、現地の人の興味をひかないのかもしれませんね。




いかがでしたか?野生のオカメの住む世界は、19世紀の博物学者のスケッチのとおりです。今も昔と同じような環境で暮らしているんですね。当時のスケッチの正確さに感心しました。

この動画で私がとても興味深いと思ったのは、2つ。まずは、野生のオカメの鳴き声。多くの鳥は仲間から鳴き方を学ぶので、家庭やペットショップにいるオカメと野生のオカメでは鳴き声が違うのではないかと思っていました。特に、オウム類は真似が得意なので、オカメ等ではその差異が顕著ではなかと思います。フブは私の口笛によく似た音色で鳴きます。明らかに野生のオカメとは違う鳴き声を出します。


興味を覚えたことのもう一つは、巣穴から外界を覗いている雛と思われるオカメ。
1分4秒目に注目してください。雛らしきオカメが木の洞から顔を出しています。雛のあどけない顔は野生下でも家庭でも同じですね。かわいらしいです。野生のオカメはああいうところを巣にするんですね。興味深いです。本から間接的に知ることしかなかった野生のオカメの巣をはじめて見ました。しかも、写真ではなく、動画で。ほんとうに洞に巣を作るんですね。


この動画の再生時間は短いのですが、とても楽しめました。オカメ飼いならば、見入ってしまうことでしょう。野生動物に関するTV番組でオカメを特集して欲しいと時々思います。珍しい動物ばかりではなく、家庭の動物が野生でどのように生きているのかということも人の興味をひくと思います。灯台元暗しだと思うのですが、どうでしょうか。




スポンサーサイト

PageTop

震災時のフブ

3ヶ月ぶりです。皆さんのオカメはいかが過ごしていますか?フブは元気に過ごしています。震災では、家の中のいろいろなものが壊れてしまいましたが、幸運にもフブやケージは無事でした。私の近所では液状化現象によって2百数十棟が破壊されて居住不能になりました。

震災時、、野良猫たちがたまり場から一時的にいなくなってしまい、逆に、見たことがない野良猫を家の塀で見掛けて、不思議に思いました。その日の内に震災が発生しました。彼らは、本能的に地震を察知して安全な場所に移動したのだと思いました。室内で飼われている動物にはできないことです。被災地の犬猫や家畜については報道で知ることができたのですが、被災した飼い鳥については全く聞かなかったので気になっています。家の中やケージの中にいるオカメや動物たちが一頭でも多く難を逃れていることを祈っています。



上の画像は、震災の日に帰宅した際に撮ったものです。フブの視線の先には壊れたPCや散乱した本があります。震災時は家にいなかったので、フブがどのように震災を経験したのかはわかりません。帰宅するまでフブが怪我をしていないか心配していたのですが、いつもどおりの様子でした。怖がっている様子はなく、落ち着いて散らかった部屋を眺めていました。ケージやそれを載せている台にも異常はありませんでした。フブのケージは地上から40センチくらいのところにあります。鳥かごはある程度高いところに置くべきだと聞きますが、それが必ずしもよいとは限らないと思いました。


下の画像は、震災後の我が家の水槽の様子。メタルラックに水槽を置いています。震災によってメタルラックは数十センチ動いてしまいました。メタルラック の周囲は水浸し。その横にある傘たては倒れています。水槽で生活している生き物と水槽は無事でしたが、危なかったなと思いました。運よくメタルラックは倒 れませんでしたが、違うところに置いていたら倒れていたかもしれません。背が高いメタルラックにケージを置いている人もいると思いますが、場合によっては考 え直した方がよいと思いました。



それと、ケージの上方の空間に何かを置いたり、掛けたりするのも、気をつけないと危ないと思いました。フブのケージの上方には何もないのですが、そのすぐ近くの大きめの湿度計が落下していました。ケージの上にものが落ちても、直接の被害はないかもしれませんが、オカメがケージの隙間からそれを齧るかもしれません。オカメに有害である可能性があるものはケージの上の方には置かないほうがよいと思います。あとは、周囲の家具が倒れることを想定してケージを配置することも重要だと思いました。ケージのはす向かいのライティングビューローが、倒れてはいなかったものの、かなり移動ていました。

最後に、震災に遭遇したオカメに関する本を一冊紹介したいと思います。2年くらい前の記事でも紹介したのですが、
ピーコの声音が聞こえる』という本です。オカメを飼育していたある聾唖者のご夫婦が阪神淡路大震災に遭遇したときのことが書かれています。被災したオカメの救出やオカメの避難所生活など、オカメ飼いには興味深いことが書かれています。ふりがなつきの平易な文章ですので、ひらがなを習ったばかりの小学生でも理解できます。オカメの陽気さやかわいらしさを感じさせる挿絵も魅力的です。お子様と一緒に読むのにもよいと思います。



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。