オカメインコの挑戦 2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『インコに気持ちを伝える本』を読んで

今年も終わりですね。2011年の「今年の漢字」は「絆」でした。この年末になってもラジオやテレビで「絆」という言葉をよく耳にしました。10月27日から11月9日までの今年の読書週間のテーマは「ホントノキズナ」でした。私は、オカメとの絆を意識して、『インコに気持ちを伝える本』(細川博昭著)を手にとりました。今年の8月に出版された本です。今回はその本について紹介したいと思います。

この本では、最初の4つの章で鳥の心理や行動の意味などについて説明がなされ、それをもとに鳥と人との意思疎通の方法が説明されます。本書が強調するのは、鳥と人との意思疎通は、その鳥の習性や個性、性別や年齢、健康状態など、鳥の立場に基づくべきであるということです。気持ちを伝えるには、まず、その鳥の気持ちを理解する必要があります。

本書の考え方に従えば、たとえば、鳥に口笛を覚えて欲しいならば、鳥の口笛への興味を見つけ出して、そこから才能を開花させる必要があります。逆に言えば、その鳥がどのような鳥であるかを無視して一方てきに口笛を覚えさせようとすることには問題があります。私が最も興味を覚えたことは、筆者がトレーニングについて問題提起していることです。

著者は「しつけ」や「おやつを使って教え込む」ことについて批判的です。鳥の気持ちが軽視されて飼い主の願望が優先されている場合があるのではないかと指摘しています。私は、トレーニングについてよいことを見聞きして、さほど疑問を覚えずにそれを実践してきたので、筆者の意見にどうこたえるかは置いておくとして、感心させられました。

著者の飼育哲学というか、倫理観が反映されていることが本書の特色であると思います。ところどころに筆者の経験とその主観的解釈も述べられているので、よりユニークです。著者の考えや解釈についてはは部分的に賛否が分かれそうですが、それだけに並の飼育書にはない魅力があります。著者のほかの本も読みたくなりました。

あと数時間で新年です。みなさんと生き物たちによい年が訪れるよう祈ります。

スポンサーサイト

PageTop

ドミノ・ピザ のインコ割はオカメインコ可

ウェブ上からピザを注文しようと、情報を探していると、ドミノ・ピザの「インコ割」が眼に飛び込みました。12月9日までの期間限定の割引だそうです。インコ割以外にもユニークな割引が実施されているようです。



インコ割「2」と表示されているので、以前にも実施されていたのでしょうか。真顔のセキセイが「ドミノは断然インコ派!!」と断言しています。セキセイのデフォルメが控え目なのがむしろ新鮮です。ゆるキャラとは対照的。セキセイの背後にこっそり現れているおじさんはドミノ・ピザのマスコットでしょうか。



インコ割そのものが面白いのですが、さらに面白いと思ったのは注意書き。 「オウム不可/オカメインコは可」 と書かれています。オカメが小さなオウムであると知らなければ、無意味な注意書きに思われるはずです。ピザの広告らしからぬマニアックさによって「ドミノは断然インコ派!!」であることに納得。この広告は、オカメインコを飼っている人か、鳥に詳しい人によって作られたのでしょう。それとも、以前のインコ割のときにトラブルがあったのでしょうか?

店員「割引適用のため、恐れ入りますが、インコを見せてください」
「はい。うちのフブちゃん。かわいいでしょ!」
店員「ええ。かわいいのですが・・・。失礼ですが、その子はオカメインコですよね?」
「そうですけど?インコ割はまだ終了してませんよね?」
店員「インコ割は実施中なのですが・・・。恐れ入りますが、オカメインコはオウムですので、割引することはできません」


そんな石頭でマニアックな店員さんがいたのかもと妄想してしまいました。











PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。