オカメインコの挑戦 2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

オカメインコ撮影用レンズに放射能疑惑

 前々々回、安くて明るいレンズ(下の画像)を入手してオカメインコを撮影したお話しをしました。前々回前回はそれをコンビニでプリントしたお話しでした。今回は、欲をだして、安くてさらに明るいレンズを入手したお話しをします。

M50F2


 激安の大口径(光をたくさん取り込めるので暗さに強い)レンズを入手してしばらくすると、もっと明るいレンズを欲しくなりました。安いレンズを探すとなると、やはり、古いマニュアルレンズ。手持ちの明るいレンズを売って、より明るいレンズを入手することにしました。

放射能レンズ


 新たにやってきたレンズ(上の画像)はより古い時代のものでしたが、明るさはほぼ倍です。前のがF2.0(F値が低いほど光を多く取り込めます)で、今度のがF1.4。以前のレンズで50秒のシャッター速度が必要だったシーンで100秒出すことができます。暗いところに2倍強い。10年以上愛用していたデジカメはF2.8。それの4倍シャッタースピードを出せます。
 
 このレンズについて調べたところ、驚いたことに、放射能を有しているという噂が真偽不明ながら、特定のロットナンバーに放射性物質を含むレンズが使われているということです。ロットナンバー15からはじまるものには放射性物質が含まれていないけれど、10からはじまるレンズには含まれているそうな。自分のレンズのロットナンバーを確認すると・・・10始まりだ!下の画像の右の方の数字がそれです。

放射能レンズシリアルナンバー

 このレンズについてメーカーに問い合わせたところ、一時期この製品には酸化トリウムという放射性物質が微量使われていたそうです。しかし、どのロットナンバーがそれに該当するかは確認できないそうです。昔のことなので、情報が散逸してしまったのでしょうか。放射性物質に関する情報は重要な気がしますが。放射性物質が含まれているとしても、通常使用における人体への安全性を専門機関にて確認済みだそうで、通常のレンズと同じように保管しても問題はないそうです。

 つまり、噂の一部は事実であるけれど、ロットナンバーによる見分け方については、メーカーが公表していないので噂の範囲内。手持ちのレンズは放射性物質を含んでいるのか、含んでいるとすれば、どの程度放射線をだしているのか―知りたければ、個人で計測するしかありません。そこで、放射線量を自分で計測することにしました。次回かその次あたり、その結果についてお話ししようと思います。

おまけ画像:ソーサーを齧るフブ
ソーサーを齧るフブ

 撮りたてのフブの画像です。何気なく撮ったので、とくに工夫はない写真ですが、最新のフブの画像です。今、この記事を作成している間、私の横でくつろいでいます。半ば眠っていますが、ときどき目を覚まして、少し動き回ったり、何かを齧ったり、マウスをクリックしたり、マウスと”間違えられる”ことを期待してマウスの隣で平身低頭したりしています。

最後に。みなさまと皆さまのオカメにとって来年がよい年でありますように!



スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。