オカメインコの挑戦 2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

日光浴をさせたいけれど・・・

並んで日光浴
仲良く日光浴を楽しむフブ&トゥイ


鳥インフルエンザの影響により、県立コウノトリの郷公園はコウノトリの公開を中止したそうです。

参照:

感染予防へコウノトリ公開中止=鳥インフルで警戒-兵庫・郷公園
1301531分配信 時事通信

このリンク先の記事を読む限り、人間への感染予防対策というよりは、コウノトリのための対策であると思われます。オカメ飼育家にとっては他人事ではありません。

さて、オカメに日光浴させることは健康上好ましいとされていますが、それは、野鳥の病気に感染させる可能性を高める行為でもあります。


私は、オカメを日光浴させているベランダに野鳥の糞が落ちているのを何度か見たことがあります。外に出したオカメのケージに野鳥の糞が接触しないという保障はありません。



では、実際に感染してしまったらどのような事態が生じるのでしょうか。それは、ほぼ確実に訪れであろうオカメの病死です。下記リンクにはセキセイの感染例が載っています。セキセイ愛好家には心が痛む内容ですので注意してください。



参照:

ペットのインコにも感染 鳥インフルエンザの研究

(大分感染症研究会)


上のリンク先の記事によると、感染したセキセイ6羽は全て5日以内に命を落としたそうです。この資料からオカメが感染した場合についても推測できると思います。


私の住んでいる地域は川や湖沼が多く、渡り鳥が多く飛来します。近所の一級河川の向こう側の県では、過去の鳥インフルエンザが発生しました。少なくとも、渡り鳥が多く飛来する地域の愛鳥家の方は、ケージを外に置いての日光浴にはより慎重になるべきだと思います。


ブログ村ランキングバナーフブ:フュイフュイ
翻訳:いつも一ポチありがとうございます

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント

++送信できない場合にはお手数ですが右のメールフォームからお知らせください++


管理者にだけ表示を許可する
 

こんにちは。
鳥インフルエンザ怖いですよね。
我が家もカーテン越しの日光浴です。

fubutouiさんのインコsのゲージは外国産ですか?
まるのゲージを探している時、
横網の物を探していて、見つからなかったので
HOEI465インコにしたんです。
全貌を見ると素敵ですね。前面はアクリル???
良かったら教えて下さい。

岩のり | URL | 2007年01月31日(Wed)13:56 [EDIT]


>岩のりさん

私のケージはHOEI製です。
型は、BH-S-1
サイズは、36×41×h50cm

おそらく、
現在使っていらっしゃるケージよりも小型です。

アクリル四枚が付属していて、
網の外を覆えます。
網だけ外して4面アクリルにすることも可能です。

底網は低めで、
糞受けと一緒に取り出すように設計されています。
餌皿用の四角く抜けた部分が底網にあります。
付属の餌皿はプラスチック製です。


このケージを使う場合は、
餌皿を重いものにし、
底網を高く設置できるように改良して、
糞受けを単体でとりだせるようにした方がよいと思います。
餌皿も網の上に載せられるようにして、
穴を塞ぐほうがよいと思います。

fubutoui | URL | 2007年01月31日(Wed)19:57 [EDIT]


いつもは離れているのに

おはようございます。

今回の写真も、とても微笑ましいですね。
いつもは牽制し合うフブとトゥイ(フブだけ?)が、仲良く寄り添って日光浴。

お日様っていいですよね~。

imu | URL | 2007年02月01日(Thu)09:28 [EDIT]


>imuさん

日光浴をするとオカメも気分がよくなるようです。

基本的には、牽制しているのはフブだけですね。
トゥイが威嚇することはあります。
トゥイが外に出ようとしたときに、
絶妙なタイミングでフブが目の前に現れると、
2秒くらいトラブることがあります。
「邪魔よ!」と言っているのかもしれませんね。

fubutoui | URL | 2007年02月01日(Thu)17:28 [EDIT]


ありがとうございます!

HOEI製なんですか???
ビックリです。
病院の先生も探してくれたんですけど
外国産しかないかなって…。

四方にアクリル板が取り付けられるなら
まるの呼び鳴きの防音にも一役買いそうですよね。

探してみま~す。

岩のり | URL | 2007年02月01日(Thu)23:42 [EDIT]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。