オカメインコの挑戦 2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

気難しいフブとのスキンシップ


フブとスキンシップをとろうとするときには少し緊張します。彼がカキカキを所望しているときには問題はないのですが、こちらからスキンシップを図るときには、一定の順序に従って、彼の機嫌を損ねないようにする必要があります。

3アクション 1
 
まずは彼に指を見せる。この時点で威嚇されたら、機嫌が悪いか、独りにしておいて欲しいということ。或いは、指の見せ方が気に入らないか。餌を食べた後は大概ダメ。食後は静かに休みたいようです。


指をみせて威嚇しなかったからといっても、まだ安心できません。そこから分かるのは「近くにいてもいいよ」ということだけ。不用意にタッチすると機嫌を損ねて指を叩かれます。冠羽の先端に触れて伺いをたてます。この時点で怒られたら、「近くにいてもいいけど、放っておいて!」ということ。


彼が頭を下げたので、ようやく触れることができました。今回は、彼の機嫌を損ねなかったようです。彼はまるで何かの芸事の師匠のようです。カキカキの作法が成っていないと嘴で叩かれます。気配りを要求するこの気難しさが彼の魅力でもあります。


フブ :フュイフュイ ! ( いつも応援ありがとう ! )




スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント

++送信できない場合にはお手数ですが右のメールフォームからお知らせください++


管理者にだけ表示を許可する
 

今晩は♪

フブちゃん、まるで王子様?王様?のようですね(^□^)
ご機嫌伺ってやっとナデナデできるんですね~!
珊瑚もそんな感じだったなぁ。。。
珊瑚も、自分から甘えてくることがあまり無くて、
私から「撫でても良い?」と伺う感じでした。
そうそう、気に入らなかったり機嫌が悪かったりすると、
クチバシでつつかれますよねー♪
思い出しました~(^0^)

nao | URL | 2008年07月29日(Tue)00:13 [EDIT]


>naoさん

珊瑚もフブも、遠慮がないので王様のようですね。しかし、暴君と違って、まったくネガティブな拘りがありません。彼らの望みは高が知れているし、飼い主に対して率直で正直。フブにつつかれたとしても、それはこちらの無理強いにノーの意思表示をしているだけ。彼には悪意が全くありません。本当にいいやつだなと思います。

fubutoui | URL | 2008年07月29日(Tue)01:03 [EDIT]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。