オカメインコの挑戦 2

卵に関する豆知識

トゥイの卵を観察しました。卵に関する疑問がいくつか浮かびました。
卵3
まず、卵表面を見ると、スイカ状の濃淡があることに気が付きました。これは何でしょう?

玉子の機能的考察によると、産まれたばかりの卵は「クチクラ」という分泌物に覆われているそうです。それはやがて玉子表面で固まり、卵殻をざらざらとした手触りにするそうです。

トゥイの卵殻の濃淡はクチクラによるものではないかと思いました。産まれたばかりのトゥイの卵は滑らかでぬめぬめとした手触りでした。今ではざらざら。クチクラが固まって、卵表面に凹凸ができたのだと思います。クチクラのムラがスイカ状の濃淡になったのだと思います。

このクチクラ、実は、なかなか優れもの。潤滑の役割を果たすだけのものだと思っていましたが、細菌の侵入を防いでいるそうです。


続いて、卵を光にかざしました。黄身があるだろうと想像していたのですが、見当たりません。卵の片方の端に円形の影はあります。しかし、これが黄身とは思えません。黄身は普通、卵の白身に浮いているものと想像していたからです。

無精卵だから黄身がないということはないと思います。私が毎日たべている鶏卵は無精卵ですが、黄身はあります。黄身はどこにあるのでしょうか?

wikipediaによれば、小さい卵の卵黄は透明な場合があるそうです。オカメインコの卵は鶉卵よりも小さいですよね。きっと、オカメの卵の黄身は透明なのでしょう。

前々回の記事に、オカメの卵の味についてコメントを頂きました。それによりますとオカメの卵の味は薄いらしいのですが、ひょっとしたら、オカメの卵の黄身と関係があるのかもしれません。



オカメの黄身が透明であるとすれば、卵の端にある円形状の影は何なのでしょうか?

日本鶏卵協会の卵Q&Aによると、それは気室と呼ばれる部分のようです。気室は産まれたての卵には存在しないそうでうす。気室とは、卵の内容物の収縮によって生じる空間だそうです。産またばかりの卵は親鳥の体温と同じ温度であるそうですが、時間とともにその温度が下がるそうです。卵の温度の低下と共にその内容物が収縮し、空気が卵の中に取り込まれるそうです。新鮮な卵ほど気室は小さいと思われます。

親鳥の愛情を受け続けている卵は常に温かいはず。抱卵されている卵の気室は小さいのではないかと思います。


トゥイの産卵を契機に、とても興味深いことを知ることができました。日頃食べている卵ですが、それについて知らないことばかりでした。




フブ :フュイフュイ ! ( いつも応援ありがとう ! )
 
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント

++送信できない場合にはお手数ですが右のメールフォームからお知らせください++


管理者にだけ表示を許可する
 

季節ですね♪

インコ♀と暮らしているといつかはくるかもしれない産卵ですね♪
なんだかわくわくドキドキするけれど母体も心配。
fubutouiさんのブログで勉強させてもらおう!と思っていたら、どうもセキセイインコ達が交尾をしているみたいでハラハラの毎日です。。。

麻子 | URL | 2008年08月30日(Sat)14:39 [EDIT]


>麻子さん

産卵は様々なトラブルのもとなので、飼い主にとってもストレスになりますね。トゥイが産卵して以降、彼女に問題が生じないかと気になっていました。

つがいで飼っていると繁殖という問題がありますね。鳥は人間とは違って自身の自然に従って繁殖してしまうので、飼い主がかなり気を使う必要があるのではないかと思います。

fubutoui | URL | 2008年08月31日(Sun)00:28 [EDIT]