オカメインコの挑戦 2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

62メートルのオカメインコ

体長62メートル時速1500キロで飛行するオカメインコが登場した番組があります。それは「ウルトラマンティガ第36話 ゼルダポイントの攻防」です。もうお分かりと思いますが、そのオカメは怪獣、架空の生き物です。名前はシーラといいます。怪獣の名前というよりは、手乗りオカメとしての名前のようです。怪獣としての正式名称はシーラキートというようです。ウィキペディアではシーラについて次ぎのように説明されています。

第32話「ゼルダポイントの攻防」に登場。

  • 身長:62メートル
  • 体重:4万トン

爆発性ガス・ゼルダガスの開発者である根津博士の娘・アサミの飼っていたオカメインコが、 ゼルダガス爆発事故による突然変異で怪獣化した姿。毎時1500mの速度で空中を飛行し、口からの黄色破壊光線と吸引光線と鋼鉄よりも硬い爪を使った攻撃 を得意とする。アサミの命を奪ったゼルダガスを憎み、ゼルダガスの格納されているゼルダポイントを狙っていると思われGUTSやティガから攻撃されるが、 本当は自らを犠牲にゼルダガスをこの世から消滅させようとしているだけだった。最後はゼルダガスを全て体内に取り込み宇宙で光になった。


悲しげなあらすじですね。気になってネット上でシーラを探していたところ、ニコニコ動画に「ゼルダポイントの攻防」がアップされているのを発見しました。下の動画がそれです。30分足らずで見終えることができます。時間があるときにぜひ鑑賞してください。すでに消去されていたらごめんなさい。シーラは青眼のルチノーです。またしても「青」。最近、私は、「青」と「オカメ」の組み合わせに敏感です。→"青オカメインコ""『オカメインコに雨坊主』の紹介"


初期のウルトラマンでは、怪獣が何を考えているのかよく分かりませんでした。彼らが倒されるのを淡々と見ていたような気がします。一方、シーラは、その心の内が察せられるようないくつかのエピソードによって肉付けされています。シーラに共感した視聴者が少なからずいたのではないかと思います。皆さんはどのように感じましたか?


フブ :ふゅいふゅい ! ( ブログランキング ! )
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント

++送信できない場合にはお手数ですが右のメールフォームからお知らせください++


管理者にだけ表示を許可する
 

お久しぶりです♪

今晩は!
「体長62メートルで時速1500キロで飛行するオカメインコ」という文に仰天してしまいましたが、
続きを読んで納得しました(^-^)ウルトラマンなんですね。

動画、拝見しました・・・号泣しました~!!
シーラの気持ち、博士の気持ち、娘さんの気持ち、それぞれが伝わってきました。
単なるウルトラマンVS怪獣(善VS悪)ではなく、それぞれの事情や心情が描写されていて、共感できますね。

それにしても、また「青」+「オカメインコ」のキーワードが出て来ましたね!
「青」と「オカメインコ」の間には、やはり特別な関連性がありそうですね~。

nao | URL | 2008年10月02日(Thu)20:41 [EDIT]


>naoさん

そんな大型で高速なオカメは普通では考えられませんよね。私がシーラを知らずに、そんなオカメがいると聞いたら、オカメ型航空機だと推測していたと思います。

この回の脚本を担当した人は太田愛さんであるそうです。この人の描く怪獣には人間に敵意を持たないものが多いそうです。もの言えぬ怪獣への思いやりがある人なのだと思います。

「悪」ではなく「誤り」や「誤解」がそれにかわって置かれていると思います。誰にも悪意がないので、この不幸に対する視聴者の感情を晴らす場が終わり寸前までありません。それぞれの気持ちが伝わってきます。そのような無悪がこの話しの救いでもありますね。誤りが正され、誤解も解消されるという終わり方でした。

青とオカメの組み合わせは、作家をひきつけるものがあるのかもしれませんね。青い色をもつオカメは想像上の生き物かもしれないけれど、ありえないともいえない。それが創作に合うのかもしれません。

fubutoui | URL | 2008年10月03日(Fri)00:12 [EDIT]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。