オカメインコの挑戦 2

白いケージはダメ?

ケージの色に関する興味深い情報を見つけました。

Wichtig:
Der Käfig sollte nicht weiß sein sondern messingfarben, grün oder auch schwarz.
Sonst fühlt sich der Vogel nicht wohl sondern eingesperrt.
http://members.aol.com/Zabergeck/haltung.htm

重要:
ケージは白色ではなく、真鍮色、緑色、黒色のいずれかであること。
さもないと、鳥は気分がよいとは感じず、閉じ込められていると感じる。

「重要」と強調されています。よほどの自信ですね。この情報と同様の情報がほかにないか探したところ、一つ見つけました。

Außer der Größe des Käfigs gibt es noch einie andere Dinge zu beachten:
(省略)

Der Käfig sollte nicht strahlend weiß sein, weil dies den Vogel in seiner Wahrnehmung einschränkt.
http://www.voegel.de/german/haltung/index.html

ケージの大きさ以外にもうひとつ注意すべきことがある。
(省略)
ケージは光沢のある白色であってはならない。光沢のある白いケージは、拘束されていると鳥に感じさせるからだ。


どちらか一方の記事が他方を参考にしていて、しかも、参考にされた記事がその筆者の思い込みである可能性は否定できません。もう少し説明がほしいところです。納得のゆく説明を発見するまで、この情報には関心を持ちたいと思います。


 IMH-48-5L 
手乗りオカメ向きのブラック塗装ケージ

上の二つの情報がいうところのケージというのは、恐らく、ケージの網の部分を指しているのだと思います。「真鍮色」という部分からそう察せられます。ケージの底のプラスチック部分が真鍮色であることはほぼないでしょうから。底の部分だけが白いケージはセーフではないかと思います。

今回の情報の真偽について今のところは判断できませんが、鳥のストレスをより抑えたい人は、真鍮色、緑、黒のいずれかの色のケージを使うとよい場合があるかもしれません。もちろん、ケージを選ぶ際には形状や大きさ、材質、安全性、扉の大きさや位置など、他にも配慮すべき要素はあります。


フブ :ふゅいふゅい ! ( ブログランキング ! )




スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント

++送信できない場合にはお手数ですが右のメールフォームからお知らせください++


管理者にだけ表示を許可する