オカメインコの挑戦 2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ペットアロマのネガティブな効果

「ニワトリにもアロマ効果 ヒノキで産卵率向上(和歌山)」という記事を読んで、鳥類グッズ専門店でもアロマセラピー関係のグッズが売られていることを思い出しました。


ペットアロマ オイル ラベンダー

私は鳥類に対するアロマ効果を信じていませんでした。しかし、ニワトリ対するアロマ効果が科学的に検証されたのであるのならば、オカメインコにも一定のアロマ効果があっても不思議ではないと思います。アロマ効果を応用した比較的実用的な鳥類製品を探したところ、ある種の鳩忌避剤を発見しました。


ハト対策 鳩対策 鳩よけ 鳩忌避剤 /ディフェンスメル[スプレー]ハト【送料無料】プレゼント付き

商品説明には、 「臭いを警戒してハトはよってきません」「本能を刺激し、危機感を生じさせる」とあります。これが説明通りの実効性のある製品だとすれば、ネガティブなアロマ効果とでもいうべきものだと思います。こういうネガティブなアロマ効果は観察しやすいと思いますが、リラックス効果などのポジティブなアロマ効果は分かりにくいと思います。一番上のリンク先のニワトリの記事では、ポジティブなアロマ効果とネガティブなアロマ効果の両方が掲載されていて興味深く思われました。


愛しのペットアロマセラピー

この本の紹介文には、あなたのペットに重大な警告を与える、必読書!誤ったアロマセラピーが知らず知らずの内にコンパニオン・アニマルを危機に曝すというある意味魅力的な文言が入っています。購入したペットアロマ商品に何の効果もないだけならば金銭的に損をするだけですが、ネガティブな効果がある場合には動物の健康が損なわれかねません。ペットアロマに関心をもったとしたら、まず、アロマのネガティブな効果についてよく知識をつけるべきだと思います。この本のいう「ペット」には鳥類も含まれています。


フブ :ふゅいふゅい ! ( ブログランキング ! )

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント

++送信できない場合にはお手数ですが右のメールフォームからお知らせください++


管理者にだけ表示を許可する
 

早速!

おはようございます♪
アロマテラピーの本、早速図書館にリクエストしてきます!
まずは読んでみないと、ですね。
冬の我が家は乾燥するので、加湿器の出番なのですが、精油を入れるアロマな機能もありまして、今年の冬は精油を揃えて楽しみましょうと思っていたので危なかったです。。。
鳥さんたちともアロマを楽しめれば、寒い冬も乗り切れそうです♪

麻子 | URL | 2008年11月05日(Wed)10:54 [EDIT]


>麻子さん

アロマを出す機能がついた暖房機もあるんですね。アロマの出し方や種類によっては、人間には無害でも特定の動物に有害なものがあるかもしれませんね。私の地元の図書館には人間用のアロマセラピーの本しかありませんでした。動物へのアロマセラピーはまだ一般的ではないのかもしれません。これから研究が進む分野として期待しています。

fubutoui | URL | 2008年11月06日(Thu)05:42 [EDIT]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。