オカメインコの挑戦 2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

小鳥用ちんぴ

七味
七味唐辛子にも「ちんぴ」が入っています

ペットショップ内を歩いていたときに、興味深い小鳥用サプリを見かけました。それは「ちんぴ」。ケースの表にはオカメの顔が印刷されていました。

ちんぴとは、乾燥させたミカンの皮のこと。漢方薬として知られています。身近なところでは七味唐辛子に含まれています。日本3大七味の一つが薬研堀の七味だというのも納得がゆきますね。


さて、そのサプリを扱っている会社(以下のリンク先)の説明によると、ちんぴは小鳥の体を温める効果があるそうです。ペットショップでは、ちんぴのサプリの脇に、「個体差があります」との注意書きが手書きで添えられていました。お店にクレームがきたことがあるのかもしれません。


参照:Dr.Pure Serise
    (トップ:メディマル オフィシャルページ)

実験データが見られないので、実際にちんぴが小鳥の体温を保つ上で本当に有効かどうか分からないのですが、どちらにせよ、室内飼いのオカメには不要だと思われます。要は、常にケージ内の温度を適度に保てばいいのです。


仮に、体温が落ちてきているオカメがいるとすれば、それは緊急事態なので、ちんぴに頼っている場合ではありません。保温して医者につれてゆくのが先決。その間に、場合によってはブドウ糖を飲ませるべきかもしれません。ブドウ糖はすぐにエネルギーになります。弱ったオカメを獣医師に見せた際に、即効性のあるエネルギー源としてブドウ糖を処方されたことがあります。



ちんぴに小鳥の体を温かくする作用があるとすれば、
それは、外気に晒されている小学校の鳥小屋に住むオカメに有効だと思われます。学校の鳥小屋には保温装置がないので、彼ら自身の体によって温かさを保っているはずです。そういうオカメに対しては、ちんぴを試す価値はあるかもしれません。


ブログ村ランキングバナーフブ:フュイフュイ
翻訳:いつも一ポチありがとうございます

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント

++送信できない場合にはお手数ですが右のメールフォームからお知らせください++


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。