オカメインコの挑戦 2

猛禽類でオカメ狩り?

ロイターの去年の記事に"豪美術館、電球かじるオカメインコ撃退にワシを「雇用」"というものがあることに気がつきました。


[メルボルン 15日 ロイター] 豪メルボルンの美術館で15日、電球を食い荒らすオカメインコを撃退するためにワシとハヤブサが「雇用」された。

 メルボルン・アート・センターでは、オカメインコにより、指ぬき大の電球がかじられ、6万3000ドル(約680万円)相当の被害を出している。そのため、オカメインコの天敵であるワシによる撃退法が実験的に採用されることとなった。くさび型の尾を持つ同ワシは、翼幅2.5メートルで世界で最も大きいワシの1種で、伝説の剣士にちなんで「ゾロ」と名付けられ、今後6週間毎日、163メートルの高さにある同美術館の尖塔の先につながれ、「ビビ」と名付けられたハヤブサ交代で「任務」に当たる。

 オカメインコは、特徴的な黄色のとさかを持つ白いオウムで、作物から衛星放送用のパラボラアンテナのケーブルまでかじる悪名高き鳥として知られている。


確かにオカメは農作物を荒らしても不思議はないのですが、電球まで破壊してしまうとは・・・あの嘴で?

ヘッドホンのケーブルをトゥイに破壊されたことは一度あります。




ところで、上の写真はスタンドの電球を不思議そうに見つめるトゥイ。お気に入りの一枚です。いつ見ても可愛いらしい。今にもスタンドの紐を引いてくれそうです。彼女は電球を噛もうとしたことはありませんでした。しかし、私の知人が飼っていたオカメは電球を齧ろうとしたようなので、そういうオカメがいないとは言い切れません。

さて、上のロイターの記事について検索したところ、この記事を訂正されてありました。訂正された記事の見出しは"訂正:豪美術館、電球かじるオウム撃退にワシを「雇用」"。記事の最下部にあったオカメの悪行はオウムの悪行に。”このオウムは、特徴的な黄色のとさかを持つ白いオウムで、作物から衛星放送用のパラボラアンテナのケーブルまでかじる悪名高い鳥として知られている”と書かれています。この部分だけ見ると確かにオカメと言われても通じてしまいそうです。とさか部分まで黄色いオカメもいますし、農作物を荒らすようですし。黄色のとさかを持つ白いオウムということなので、キバタンでしょうか。

フブ :ふゅいふゅい ! ( ブログランキング ! )



スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント

++送信できない場合にはお手数ですが右のメールフォームからお知らせください++


管理者にだけ表示を許可する
 

初めまして

初めまして、こんばんは!
初めてコメントさせて頂きますm(_ _)m

知人から聞いたのですが、この記事の翻訳者がcockatoo(オウム)をcockatiel(オカメインコ)と誤訳したんだそうです。
どうやら、電球を齧ったのはバタン系の白色オウムだったとのことです。
我が家にもオカメがいますが、電球なんか見せたら怯えて逃げ出すんじゃあないかなぁと思いますよ。

しろぴた | URL | 2009年01月24日(Sat)23:56 [EDIT]


今晩は、たとえ悪さをしても気持ち的にはオウムを殺さないで欲しいとわががまですが思ってしまいます。

かな | URL | 2009年01月26日(Mon)20:46 [EDIT]


>しろぴたさん

はじめまして。

何度か文中に同じ文字があったと思うのですが、それにもかかわらず間違いに気がつかなかったということは、訳者は何らかの理由でオカメだと強く思い込んでいたのでしょうね。でも、きっと、オカメ飼いではないでしょう。私だったら、オカメが!?っと何度も確認してしまいそうです。

我が家のオカメは電球を見ることはあるのですが、齧りたいとは思わないようなので安心です。

fubutoui | URL | 2009年01月26日(Mon)23:10 [EDIT]


>かなさん

オウムにすれば、遊んでいるだけで、困らせてやろうという考えはないでしょうから、傷つけられたら気の毒ですね。殺したり、傷つけたりするのではなく、猛禽類の気配を使って追い払うだけかもしれません。猛禽類が付近をうろうろしていたら怖くて近寄ってこないでしょうから。

fubutoui | URL | 2009年01月26日(Mon)23:19 [EDIT]