オカメインコの挑戦 2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

オーストラリアの穀物不足

マイロを食べるオカメ
マイロを食べるオカメ


今日のニュースによれば、オーストラリアは干ばつのため、数十年ぶりの不作になる可能性が強いそうです。小麦の被害が心配されていますが、マイロを食べる野生のカメインコへの影響も気になるところです。

 実は、私は、マイロなる植物を去年まで知りませんでした。あるデパート内のペットショップにゆくと、見慣れない穀物の穂が売っていました。訊いてみたところ、店員さんが怪訝そうな顔で、「マイロですが」と答えました。マイロは鳥を飼う人にとっては常識なのか?と赤面しました。


さて、このマイロ、調べたところ、赤マイロと白マイロがあり、
白マイロの方が苦味が抑えられていて美味のようです。
写真は我が家で与えているマイロですが、どちらのマイロなのかわかりません。
おそらくは、皮が赤いので、普通の赤マイロと思われます。


マイロの主要生産地域は中国やアルゼンチン、オーストラリアです。
以前は、アルゼンチン産のマイロが国内で出回るマイロの主流でしたが、
原油高の影響で、今では、オーストラリア産が主流になったようです。
しかし、オーストラリア産のマイロもたびたび不作があり、
相場が上下するようです。今度の不作は記録的なようなので、
マイロの値段が高騰するのではないかと思われます。


他の穀物一般も収穫量が少なく、現地オカメは苦労するかもしれません。
参考に、野生のオカメがマイロを食べている様子を
閲覧可能なサイトを紹介していおきます。


Das Nymphensittiche Lexikon

hören und sehen という項目の中にある VideoをクリックしてWilde Nymphies in Australien (2004) という動画を再生してください。


ブログ村ランキングバナーフブ:フュイフュイ
翻訳:いつも一ポチありがとうございます


 

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント

++送信できない場合にはお手数ですが右のメールフォームからお知らせください++


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。