オカメインコの挑戦 2

6月下旬に撒いた粟の様子

赤粟の穂

6月下旬に赤粟を撒きました。数十粒撒いて、無事に芽が育ったのは数本。8月初旬には早くも穂がつきました。植える時期がかなり遅かったからか、粟の背丈は腰を超えていません。穂もかなり小さめです。肥料は全く与えていないので、あるいは、そのためかもしれません。一本、自重を支えきれずに倒れ掛かっていました。


ゴールデンウィーク辺りに撒いて8月初旬に穂を出させるようにするのがよいようです。種を撒いた時期が遅かったにもかかわらず8月初旬に穂がでてきたことに少し驚きました。穂がもっと大きくなるとよいなと思っています。




スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント

++送信できない場合にはお手数ですが右のメールフォームからお知らせください++


管理者にだけ表示を許可する