オカメインコの挑戦 2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

オカメオウムとオカメインコ

先々月、テレビのCMにルチノーのオカメインコが出演しているのを見かけました。下の動画はYoutubeにアップされていたもの。正式版は、かんぽ生命のサイトで見られます。15秒版と30秒版があります。



このCM、オカメインコを飼っている人には、いくつか違和感を覚えることがありますね。でも、この映像は、広く世間にアピールすることが目的の映像ですから、それをとやかく言うのは、やめておきます。

私が気になるのは、このCMの正式名称。”「かんぽさんとオウム」篇”というのです。バタンなどではなく、オカメがオウムとして採用されたのは、家庭的な印象を与えるためかもしれないと思いました。小さな丸ケージはいかにも。

私の親戚や知人の中には、我が家のオカメを「オウム」と呼ぶ人もいます。オカメはオウムと認識されやすいのでしょうか。確かに、正しいのですが、彼らの動きはオウムというよりは、インコ。一方、外観は、あの優雅な冠羽と尾羽によって、バタンを小さくしたような感じです。おそらく、飼い主はオカメをインコと見なし、オカメをよく知らない人は、外見からオウムと見なすのではないかと思います。かんぽのCMはオカメのそのようなグレーゾーンについて思い起こさせました。

フブを迎えようと思っていた当時、小型のオウムを入手するかのような気持ちでした。あの真っ白な体と冠羽はいかにもオウム。しかし、今では、フブを、オカメオウムではなく、オカメインコだと感じています。オカメを飼えばすぐに分かることですが、何色でも、また、オウムであろうとなかろうと、オカメはとても魅力的ですね。






スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント

++送信できない場合にはお手数ですが右のメールフォームからお知らせください++


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。