オカメインコの挑戦 2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

トゥイの指はクモの足




昨年5月のトゥイ(生後2ヶ月未満)

上の動画をご覧ください。可愛いですね。トゥイが生後2月未満の頃の様子です。自分の体重を支えられるくらいに成長していますが、まだ、餌は自分で食べられません。


さて、足の色に注目してください。動画の中のトゥイの足は、その脛から指先まで真っ黒です。現在の足の様子とは異なります。今では夜が明けたかのように暗さがぬけてしまいました。

現在の彼女の足は完全な桜色であるかのようです。しかし、近くでよく見ると、黒い色が抜けきっていません。足のところどころのその名残が見られます。



トゥイの指は縞模様


彼女の指の関節上と思われるところに黒い色が薄く残っています。そのために彼女の指は縞模様に見えます。


ところで、ジョロウグモを近くで観察したことがありますか? 高所に巣をつくるし、気味悪く思う人が多いでしょうから、つぶさに見たことがある人は少ないかもしれません。下のリンク先にはジョロウグモの写真が掲載されています。


参照:ジョロウグモ(ウィキペディア)


私は子供の頃に様々な生き物を飼っていました。棒を使ってジョロウグモを捕まえたこともあります。分別がついてしまった今になって思い出すと、鳥肌ものです。

上のリンク先のジョロウグモの足は縞模様です。


トゥイの足を見ると、ジョロウグモが思い出されます



ちなみに、ジョロウグモは血が出るくらい強く噛みつくので、素手で触れるときは注意してください。



さて、4ヶ月前の彼女の指は縞模様がより顕著でした。その頃のトゥイの足はまさにジョロウグモ。黒い部分がもっと長く、桜色の部分とほぼ同等の長さでした。残念ながら、その頃の彼女の足を明かに観察できるような写真は、今のところ、見当たりません。


以前一緒に暮らしていたホワイトフェイスオカメ ― しぶき ― は、逆に、子供の頃に足が桜色で、成長してから、足が黒くなりました。足の色の変化は親の血統に依存する問題なのかもしれませんね。足一つとってもオカメは興味深いです。



フブ : フュイフュイ ! ( いつも1ぽちありがとう !





 

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント

++送信できない場合にはお手数ですが右のメールフォームからお知らせください++


管理者にだけ表示を許可する
 

可愛い♪

トゥイちゃんのヒナヒナ時代可愛いですね。
2ヶ月位でまだ挿餌中だったんですね。
羨ましい~♪

そうそう、ペレット消費量はどこに発表ですか?
探しても見つけられないんです~ぅ。

岩のり | URL | 2007年02月07日(Wed)16:47 [EDIT]


>岩のりさん

トゥイの場合、巣立ちまで50日以上かかりました。自分で餌を食べられるようになったのは、
急でした。ほんとうにあっさりと。
それまでは離乳食がわりに、
暖めた柔らかいペレットを与えていたのですが、
ケージに入れて、フブが餌をつつく様子をみせたら、
ものすごい勢いで餌を食べだしました。



ペレット消費量の発表は、
2月5日のブログに乗せました。

このブログは、サイトを開いくと、
記事の一部分しか表示しません。
「つづきを表示」をクリックすると、
全文を読むことができますよ。

fubutoui | URL | 2007年02月07日(Wed)19:23 [EDIT]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。