オカメインコの挑戦 2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

オカメの高齢化について思うところ

白鳥高齢化
東京新聞2007.02.12朝刊


オカメの寿命は年々伸びています。

今日は、東京新聞に出ていた白鳥の高齢化に関する記事を題材に、オカメの高齢化について思うところを書きます。


私の記憶が確かならば、私が昔読んだ飼育書には、オカメの寿命は10年と載っていました。8年と紹介していたものもあったように思います。最近発行される飼育書には15年とするものもあれば、20年とするものもあります。


さて、上の記事は、野生の白鳥の寿命が延びたことについて述べられています。人間の餌付けがその重要な要因のようです。栄養状態がよくなったことによって、10年だった寿命が倍にまで伸びたようなのです。


私が子供の頃は、町のペットショップのオカメには、ヒマワリの種が大量に与えられていました。私自身も、その当時は、それを異常なことだとは考えていませんでした。それは多くの人の認識であったのではないかと思います。私は小学生のときに飼育係をしていたのですが、そのときに餌の与え方を指導された記憶はありません。雑穀を何の考えもなく餌入れに入れていた気がします。


日本全体が豊かになって、動物の権利が拡大してきました。愛玩動物がコンパニオンアニマルへと呼ばれるようになり、餌についても議論されています。ペットショップもそれにあわせて認識を改めてきたように思います。ペレットを与えているショップも見られるようになってきました。


ペレットの普及が長寿と結びついているかどうかは不明です。ペレットの上陸は比較的最近のことだからです。種子とサプリのみで飼育している人も多くいます。餌そのものに対する認識の変化がオカメ長寿化の最も大きな要因であると思います。最近の飼育書はオカメに必要とされる栄養素を細かく教えてくれます。


オカメの寿命の頭打ちがどの程度になるのかわかりません。餌を要因とする高齢化はすでに頭打ちとなっているのかもしれません。今後は動物医療が重要なキーになってくるのかもしれません。


ところで、上の記事によれば、餌付けによって餌をとる必要がなくなった白鳥たちは、餌のとり方を子供に教えなくなりました。その上、生息数が過剰になっているそうです。それは、人間に依存しなければ生きてゆけない状態です。このような問題は、はじめから人間と暮らすことが想定されている鳥とは無関係です。


オカメが長生きして困ることはそうはない気がします。強いて言えば、老衰が顕著になる可能性くらい。犬や猫の高齢化に伴い、それらの認知症や老衰が問題となっています。オカメの場合はどうなのでしょうね。具体的なケースについて情報を探してみようと思います。


フブ : フュイフュイ ! ( いつも応援ありがとう ! )

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント

++送信できない場合にはお手数ですが右のメールフォームからお知らせください++


管理者にだけ表示を許可する
 

認知症?

こんにちは。
とても興味深い内容です。
オカメに限らず鳥類にも認知症って現れるんでしょうか。
考えると怖いなぁ…。

確かに餌にしても病院にしても
昔と違ってとても充実しています。
少しでも長く共に暮らしたいですが、
鳥として限りある時間を幸せに過ごしてもらいですね。

岩のり | URL | 2007年02月15日(Thu)12:01 [EDIT]


こんばんは!
ユニークで実に面白いのに、淡々と論理的な記事調、
いつも「今度はどないなテーマやろか」ゆうて、楽しみにしています!

鳥さんたちの高齢化、そうか~、そんな問題もあるのですね。
付随問題としての高額医療費について、薄給の当方は、動物健康保険に加入しようかと思い悩んでいます。(アニコムさん)



カッパ | URL | 2007年02月15日(Thu)23:44 [EDIT]


>岩のりさん

トゥイが様々な技を覚えることを通して、オカメの知能の高さに驚かされてきました。知能が高い動物の代表格は犬ですが、彼らが認知症になるのですから、オカメが認知症になっても不思議ではないと思います。昔は、犬の認知症について聞いたことはありませんでした。しかし、犬の寿命が延びてきて、犬の認知症についても議論されるようになりました。オカメの寿命が延びてゆくと、いずれは認知症が議論されるようになるかもしれません。

鳥専門の動物病院が現れてきています。伴侶動物としての鳥の地位が確立しつつあるように思います。今後、鳥医療はますます充実してゆくのではないかと思います。

fubutoui | URL | 2007年02月16日(Fri)00:14 [EDIT]


>カッパさん

オカメをテーマにしていると、すぐに書くことがなくなりそうですが、意外に書きたいと思うことが浮かんできます。自分のオカメのみならず、オカメ一般や鳥一般に関する様々なことに興味が湧いてきます。


オカメが動物病院に通院する場合、鳥を対象とした保険が無かった時代には人間以上にお金がかかっていました。今は保険制度があって便利になりました。保険料は、ファミレスでちょっと多めの食事をする程度。保険というのは一種の賭けですが、負けても嬉しい賭けですね。オカメが健康であることが一番。

fubutoui | URL | 2007年02月16日(Fri)00:28 [EDIT]


 
 

トラックバックトラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


オカについて-ポイズン ゲーマーミーティング

オカオカは以下のものを指す。オカはアンデス山脈高地で栽培されるカタバミ科の栽培植物。芋を食用とする。オカはマージャン用語のひとつ。ここで詳述。オカは、麻雀において荘(1回の試合)ごとの優勝者に与えられるボーナス点のことである。麻雀において、一般的には初期 [続きを読む]

ポイズン ゲーマーミーティング / 2007年02月15日(Thu) 10:27


東京新聞

東京新聞東京新聞(とうきょうしんぶん)は、中日新聞東京本社が発行する関東地方のブロック紙。文化・芸能に強いのが特徴である。戦時体制下の1942年10月、『都新聞』と『國民新聞』とが合併して誕生。保守・右翼色の強かった紙面が都市住民に受け入れら [続きを読む]

ハルカのブログ / 2007年03月16日(Fri) 12:30


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。