オカメインコの挑戦 2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

自家栽培マイロをオカメと試食

収穫したマイロを食べるフブ

過去2回、私が栽培を試みた穀類について書きました。「オカメインコ用粟穂の収穫が間近」の段階では粟穂と思い込んでいましたが、「粟穂ではなかった」の頃にはマイロであることがほぼ明らかになっていました。茎と葉が枯れ、十分に青みがとれたので、今月の末近くになって、その穂を収穫しました。

そこで、フブとトゥイ、そして私とでマイロ試食会を開きました。ちなみに、「会」が使えるのは、3人以上であるそうです。外見・歯ごたえ・味を市販品と比較してみました。


1.外見

栽培したものと購入したものを比較すると、粒の大きさと実の量に差がありました。自家栽培の方が小粒で、実の量は極めて少ない。今回は肥料をくわえずに、我が家のやせこけた庭で育てたので無理もありません。次に栽培するときは土の質を改良し、蒔く時期に注意したいと思います。色にも顕著な差異があります。市販品が赤いのに対し、自家栽培のものは白味がかっています。調べたところ、マイロには赤マイロと白マイロがあるようです。そういえば、粟穂にも赤いものと白みがかったものがありますね。




左が自家栽培。右が市販品。間に十円玉。


2.歯ごたえ

栽培したものをフブとトゥイに与える前に、私が味見しました。青臭ければ熟し方が足りないし、かび臭ければ、毒があります。しかし、青臭さもかび臭さもありません。まさに食べごろ。市販品と比較して歯ごたえは柔らかめです。市販品は乾燥が進んでいるためか、かなり硬くなっているようです。私が収穫したマイロも洗浄後に乾燥させましたが、何週間も乾燥させたのではないので、ほどほどの硬さ。くるみの中身をやや硬くした程度です。


3.味

両者を比較すると、甘みに差異がありました。自家栽培マイロの方が明かに甘い。人間の私には甘い方がおいしく感じられます。古米と新米で味が異なるように、新しいマイロの方が甘みが強いのかもしれません。


さて、いよいよフブとトゥイに食べてもらいました。ところが、トゥイは警戒して逃亡。フブは恐る恐る近づいてきてついばみ始めました。もうとまりません。もしも、まずいものであったら、フブは即座に吐き捨てます。どうやらおいしいようです一日で食べつくさせるのは惜しいので、数日間にわたってしばしば与えることにしました。トゥイにはマイロの粒を手でとって与えました。そうすると警戒しないで食べました。彼女も大満足。もっとも、彼女は賢いので、ケージにいれておけば、すぐについばむと思います。


フブ : フュイフュイ ! ( いつも応援ありがとう ! )

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント

++送信できない場合にはお手数ですが右のメールフォームからお知らせください++


管理者にだけ表示を許可する
 

3人で...

マイロというのも入っているんですね、ふむふむ。

*知り合いの飼っているオカメのウイちゃん。
名前が似ていて親近感ありなのです。
このウイちゃんが私の肩に乗ってくつろいでくれたのが、
今、文鳥(に代わったけど)を飼っているいきさつなのでした。
また、来ますね! (^-^)

きょうこ | URL | 2007年02月27日(Tue)09:46 [EDIT]


祝!収穫

やっと収穫出来たんですね!
おめでとうございます。
思えば、あの青々した写真に惹かれてお邪魔したんですよね。
なんかジーンとしちゃいます。
フブちゃんもトゥイちゃんも大事に食べてね~♪

岩のり | URL | 2007年02月27日(Tue)10:34 [EDIT]


初めてみました!

こんばんは♪
見た目粟穂そっくりなのに粟穂じゃないんですね(゜o゜)
マイロという名前がかわいいです。
鳥さん達にあげる前に試食される気持ちわかります!私もすべてのペレットを試食しました(*^_^*)
お庭で栽培できるのって羨ましいです。
愛情たっぷりのマイロ、フブちゃんもトゥイちゃんもおいしく召し上がれ♪

麻子 | URL | 2007年02月27日(Tue)20:40 [EDIT]


>きょうこさん

なるほど。ウイとトゥイ。聞き間違えそうです。飼い主さんはきっと「ういヤツじゃ」と可愛がっていることでしょうね。

マイロは大きめで硬い実なので、オウム類のような嘴だと比較的楽に食べられるのですが、文鳥だとどうなんでしょう。フィンチ類と暮らしたことがないので見当がつきません。

fubutoui | URL | 2007年02月27日(Tue)21:25 [EDIT]


>岩のりさん

意外に時間がかかりました。植えた頃は、秋口には食べられるだろうと思っていたのですが・・・

はじめてコメントを頂いたのは、この偽粟穂のネタでしたね。そのころは粟穂だとばかり思っていました。彼らは無遠慮にがつがつ食べるのですが、飼い主にストレートに喜びが伝わってきます。

fubutoui | URL | 2007年02月27日(Tue)21:27 [EDIT]


>麻子さん

青々としていた頃までは粟穂だと思っていましたが、いざ実がついてくる段階になって、???となってしまいました。

自分で栽培したものなので、なおさら気になってしまいました。ペレットの試食は私もしています。味が結構違うものですよね。オカメ好みの味を実際に知ることができるというのは、考えてみると、面白いことですね。

去年は試作段階でしたが、庭に空いているスペースがあるので、今年はある程度の量産段階に入ろうかと思っています。

fubutoui | URL | 2007年02月27日(Tue)21:34 [EDIT]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。