オカメインコの挑戦 2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

トゥイが顔を負傷

顔を負傷したトゥイ

今日は、「毛引きシリーズ」を休題して、トゥイの負傷についてお伝えします。羽毛が抜けてしまったので、羽毛に関係することではあります。

一昨日トゥイをケージから出していたところ、何かに驚いたようで、急に飛翔して、部屋のあちらこちらに衝突していました。スズメが部屋に飛び込んできた経験はありますか?部屋に飛び込んできたスズメは何とか外にでようとして部屋のあちらこちらに衝突します。今回のトゥイの様子はそれに似ていました。


しばらくして、着地しました。いつもなら、すぐに私のもとへ戻ってくるのですが、どうも、動きが少ない。ゆっくりと明るい方へと歩いています。疲れている様子です。トゥイのもとにゆくと、顔の羽毛の一部がなくなっていました。一番上の写真はその直後に撮影したものです。疲れているように見えます。


トゥイの傷を確認すると、出血は微小なようです。しかし、皮膚をある程度こすったようで、羽毛が抜けた部位に組織液のようなものも少し見られました。羽毛が抜けた部分は、鼻の左上と、鼻腔の2つの隆起の間の皮膚です。羽毛が衝突の衝撃と摩擦を緩和したので、裂傷には至らなかったようです。





トゥイの様子をしばらく見てから、問題は大きくないと判断し、ケージにもどしました。少し疲れているようですが、すぐに、ほぼ平常どおりの様子に戻りました。2番目の写真は、負傷したトゥイを別の角度から撮影したものです、羽毛による錯覚のために、見る角度によって、負傷のレベルが異なって見えるので、注意が必要です。実際に羽毛の奥にある傷を確かめないことには負傷のレベルを把握できません。


衝突したと思われる箇所を回ったところ、まとまった羽毛が落ちていました。その羽毛を拾って撮影したものが下の写真です。一回の衝突でごっそりと羽毛が抜けてしまったようです。





通常、トゥイはとても上手に飛行するのですが、今回ばかりは褒められたものではありませんでした。その原因は、おそらく、部屋が薄暗かったためと思われます。ロフトつきの高い天井の部屋で12ワットの蛍光灯を、階下に一つ、ロフトに一つ、計二つ点してありました。普段、明るい中で飛行しているので、暗い部屋は見慣れない空間であったのだと思います。そういえば、オカメパニックも暗い中だとダメージが甚大になることがありますね。放鳥時に適度な照度を確保することをお勧めします。


翌日になって、トゥイは再び元気一杯になっていました。餌を良く食べ、よく動き回っています。負傷箇所の赤みもやや引いてきたようです。羽毛が再び生えそろうことを願っています。羽毛が生え始めたら、その様子を観察したいと思います。



フブ : フュイフュイ ! ( いつも応援ありがとう ! )


スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント

++送信できない場合にはお手数ですが右のメールフォームからお知らせください++


管理者にだけ表示を許可する
 

びっくりです

こんばんは♪
毛引きシリーズを楽しみに来てみたら、トウイちゃんの負傷。大変でしたね。
鳥さんは怪我に強いと言いますから大丈夫ですよね♪
fubutouiさんも心臓ばくばくだったのではないですか?
早く怪我が治ることをお祈りします(^^♪
うちにスズメが入り込んだことはないのですが、こうもりならあります。かなりびびりまくりました(笑)

麻子 | URL | 2007年04月16日(Mon)20:51 [EDIT]


お大事に~。

シリーズを読みに来てビックリです。
あのトゥイちゃんが…なんですから、
余程、暗く感じたんでしょうね。
まるも少し前に怪我をしましたが、治癒能力は素晴らしいものがあります!
トゥイちゃんも早く良くなって下さいね。
お大事に。

岩のり | URL | 2007年04月16日(Mon)23:47 [EDIT]


>麻子さん

トゥイはめったに怪我をしないので、それだけに、少しばかり心配しました。一年近く一緒に暮らしていますが、今回の怪我が最も大きなものです。フブはよく怪我をします。


こうもりの訪問ですか。かまれると病気に感染する恐れはありますが、少々うらやましいです。私は、そういう珍しい客人の不意の訪問が好きなほうです。

fubutoui | URL | 2007年04月16日(Mon)23:48 [EDIT]


>岩のりさん

以前、フブが、後頭部の羽毛の大部分がなくなるような怪我をしたことがあるのですが、そのときは無事に治癒しました。ただでさえ禿気味のコなのに、そのときは、禿が拡大してしまいました。今はノーマルな状態の禿に戻っています。それと比べれば、トゥイの怪我は軽微なので、きっと問題なく回復すると思います。

fubutoui | URL | 2007年04月16日(Mon)23:52 [EDIT]


可愛いトゥイちゃんが~

トゥイちゃん、大丈夫ですか?旦那さんのパソコンのため、見れないことが多く、やっとふぶちゃんに会えると
開いたら、びっくりです。いつも元気なトゥイちゃんが
痛かったですね~。でも後元気にしていると聞いてほっとしました。また大好きなふぶちゃんを追いかけてね。
トゥイちゃん!!オカメちゃんは怖がりさんなので、え~そんな事でと思う事でびっくりしますね。。
お大事に。。。

こぼこ | URL | 2007年04月19日(Thu)08:02 [EDIT]


早く治りますように

トゥイちゃん何に驚いてしまったのでしょうね・・?
お鼻の皮膚が丸見えで痛々しいです(;_;)
うちでも放鳥してる時にTVを見てると甲高い音や鳥の声に反応してパニックを起こしたりします。
太ってる子は長く飛べないので床に落ちちゃったり・・・
ケージに入ってるときは同じ音でも冠羽を立てるだけなのにね。

むっこ | URL | 2007年04月19日(Thu)16:40 [EDIT]


>こぼこさん

トゥイには怪我の自覚がないようです。しかも、自分では触れることができない位置を負傷したので、傷の状態は良好に推移しています。普段と変わらない様子で元気に過ごしています。

fubutoui | URL | 2007年04月19日(Thu)17:41 [EDIT]


>むっこさん

フブがパニックになりそうなときは、動きが鈍いので、いくらか余裕があります。まずは近づいてとめることを試みます。体を手で覆って、ゆっくりと言葉をかけてなだめるとおとなしくなってきます。フブは暴れたとしても、体格がいい上に鈍いので、すぐに、ぼとりと床に落ちます。もしくは、カーテンにしがみついて終わります。飛ぶスピードも比較的遅いので、場合によってはキャッチも可能です。トゥイの場合は、素早い動きをするので、パニックを防ぐのが難しいし、一度パニックになると激しく飛び回るので、言葉をかけながら落ち着いてくれるのをまちます。

fubutoui | URL | 2007年04月19日(Thu)17:49 [EDIT]


貴公子フブちゃん

こんにちは~。
トゥイちゃんは、その後いかかですか?
fubutouiさんのプログを見せていただき、
知りたいことがいっぱいわかり、本当に目からウロコです。で気ついた事かあります(=v=)
フブちゃんとうちの子が似ているなんて厚かましいかったです。フブチャンの瞳特徴があり、涼しげな瞳がとても素敵です。真っ白な羽になんてマッチしているんでしょうか。。。オカメ界の貴公子と呼ばせて頂きたいです。又楽しみにしています。もちろんトゥイちゃんも可愛いです。。

こぼこ | URL | 2007年04月22日(Sun)15:34 [EDIT]


>こぼこさん

私も、実際にオカメを飼うまでは、アルビノには高貴であるという印象をもっていました。一緒に暮らしてみると、見た目だけではなくて、そのコの個性などもわかってくるので、また、違ったイメージになります。フブは、のんびりとした性格、落ち着いた動きからして、貴公子というよりも、「お坊ちゃん」といった感じです。トゥイは、外見とぴったりで、愛情深いけれど、おてんばさんといった感じです。

fubutoui | URL | 2007年04月23日(Mon)21:44 [EDIT]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。