オカメインコの挑戦 2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

フブの新たなる挑戦はじまる

フブ、トレーニング再開

0歳のオカメにトリックの技量を越されてしまったフブ。換羽がねている頭に浮かぶのは、破壊された止まり木で眠り、トゥイの隙を見計らって塩土を舐めてきた臥薪嘗胆の日々かもしれない。白髪の老オカメ、己のプライドをかけてついに再起か!?



「フブよ。ここからは試練の道。覚悟はよいな?」
「・・・・・・(餌の時間ですか?)」


こうして、彼の唯一の技、「返事」を超える技をマスターすべく、フブの試練の日々がスタート。まずは、小皿にリングを入れるという奥義から伝授。この技は全てのオカメ奥義に通じる技。

果たして、10代のオカメは、年齢を克服できるのか?



フブ : フュイフュイ ! ( いつも応援ありがとう ! )

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント

++送信できない場合にはお手数ですが右のメールフォームからお知らせください++


管理者にだけ表示を許可する
 

え?

ふぶきちゃん10代だったのですか?
若い~!!
若さの秘訣を教えてもらって自分に試したいです(笑)
それから、オカメと話す方法ですが、私も夢の中でブルースと話しました♪
もっと遊んでくれるように訴えられました(*^_^*)

麻子 | URL | 2007年07月06日(Fri)20:52 [EDIT]


>麻子さん

オカメの十台ですからねえ。若いといえるかどうか。一応、老オカメとしました。人間でいえば、60前後なのではないでしょうか。しかし、食欲は昔のままだし、足もしっかりしています。

さすがですね。すでに、オカメと話したことがありましたか。私は、フブと話したことはないのですが、トゥイと話したことは何度かあります。トゥイの声は子供の声でした。それが次第に早口になって、オカメ化して、全く聞き取れなくなったところで、目が覚めました。まるで、人間の声からトゥイの声にグラデーションがかかったかのようで、とても面白かったです。

fubutoui | URL | 2007年07月08日(Sun)05:44 [EDIT]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。