オカメインコの挑戦 2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

脂粉が蓄積した様子

脂粉の蓄積
今日は我が家で観察されるオカメの脂粉について。上の写真はオカメインコのケージのフレームに脂粉が蓄積した様子。室内は暖かいのにこれを見ると寒くなりそうです。つららのように見えます。


我が家で使用されているバードケージはHOEI BH-S-1というケージで、とりはずしが自由な金網とアクリル板がそれぞれ四面についています。二番目の写真では、金網がとりはずされ、金網を入れる溝にアクリル板が差し込まれてあります。そのような使い方をしていると、脂粉がケージフレームとアクリル板のわずかな隙間に蓄積します。写真の状態になるまでおよそ二週間といったところでしょうか。そのまま放っておくと、蓄積された脂粉が固まって、軽くふき取る程度では落ちなくなります。


一方、三番目の写真では金網とアクリルが正当な使われ方をされています。金網の縦棒が隙間をより多く作るので、フレームへの脂粉の付着は比較的少なめです。しかし、脂粉が付着していない分、それが空気中に飛び散っているのでしょうね。それによってオカメが脂粉で窒息しないと考えばいいだけのことですが。我が家のオカメ部屋にはカーペットが敷かれてあるので、脂粉を見つけることは困難です。カーペットを敷かずにフローリングのままにしてあったら、気になって掃除の回数が増えてしまうかもしれません。


フブ : フュイフュイ ! ( いつも応援ありがとう ! )
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント

++送信できない場合にはお手数ですが右のメールフォームからお知らせください++


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。