オカメインコの挑戦 2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ファミマv.sセブン オカメインコの写真を比較

 前回のお話しは、ファミリーマートの複合機でオカメインコの画像をプリントしたことについてでした。色味に必ずしも納得できなかったのでセブンイレブンでもプリントしました。両者の違いやいかに!

M50F2Fubu
 
 何度も掲載していますが、上の画像が写真にする前のオリジナル。古いマニュアルレンズを使って電球一本で撮影しました。それをファミリーマートでプリントしものが下の額縁に入った写真です。

額装されたフブの写真

 さて、ここからが今日の内容。セブンイレブンの写真プリントについてお話しします。セブンの複合機を見て気が付いたのは、とても新しいということ。マシンはピカピカで、画面のアイコンにタッチすると、ファミマよりも敏感に反応します。私が利用したファミマの複合機は薄汚れた感じで、反応もよくありませんでした。もしかしたら、別のファミマには、より新式の複合機が設置されているかもしれません。

 セブンの複合機は、操作画面・金銭投入口・カード挿入口・写真排出口を同一個体に持っています。ファミマの場合には、操作画面が独立したマシンについていたので、体を動かす必要がありました。残念なことにセブンのマシンは2L版には対応していないようです。それがファミマに及ばない弱点。しかし、それは私の勘違いかもしれません。「セブンでも2L版をプリントできるよ!」という情報をお待ちしています。L版の料金はファミマでもセブンでも30円でした。

セブンの写真

 操作を完了して待つこと数十秒。写真が出てきました!上の画像がセブンでプリントした写真。ファミマの複合機は反応が鈍かったり、途中で眠ったりしましたが、セブンのは俊敏に動きつづけました。お年寄りとティーンネイジャーくらい違います。

 下の画像はファミマの写真とセブンの写真を並べて撮影したものです。ファミマが2L版で、セブンはL版です。色味がかなり違うのがお分かり頂けるでしょうか。セブンはよりオリジナルに近いと思います。ファミマと違い、色かぶれや色潰れが少なく、机の木目や、影になっているフブの表情がよりハッキリ見えます。忠実度という観点から甲乙をつけるなら、セブンが圧勝と思われます。

ファミマとセブンの比較

 ファミマのマシンがなぜあのような味付けをするのか謎です。あのどぎつさは、敢えてそうしているとしか思えない。ラーメン店でも、可もなく不可もないおいしい味と、賛否両論あっても信者を生み出す個性的な味がありますね。写真プリントについても同様で、敢えてセブンと違う味を出しているのかもしれません。コンビニがそうしているというよりは、複合機メーカーがそうしているというべきか。メーカーを選ぶのはコンビニ側ではありますが。

写真プリント ファミマv.sセブン のまとめ
比較項目勝者
操作性セブン
処理速度セブン
サイズ選択の豊富さファミマ
料金引き分け
プリントの忠実度セブン

 上の表を見るとファミマのプリントがよくないように思われるかもしれませんが、ファミマの個性を利用するのもありだと思います。たとえば、場合によっては、フブのような真っ白なコを渋くかつ引き立たせて見せることができると思います。コントラストが低すぎるいわゆる眠い画像には適しているかもしれません。ありふれた写りを映画っぽい感じや重厚な雰囲気にしたいときにも向いているかもしれません。額縁の色とマッチするかどうか予想して選ぶのもよいと思います。個人的には、何が出てくるかわからないファミマは、ギャンブル的な意味で面白いと思います。今回のフブの写真を単体でみると、セブンの方が一見よさそうに見えるのですが、額縁入りのファミマ写真と勝負させると甲乙付け難い。独特の雰囲気がグッド。あなたはどちらをお好みでしょうか?



PageTop

オカメインコの画像をファミリーマートでプリント

 コンビニのコピー機にはデジカメの画像をプリントアウトする機能がついていることがあります。複合機のメーカーはコンビニによって違うようです。前回の記事でお見せしたフブの画像(下の画像です)をファミリーマートの複合機で印刷しました。

M50F2Fubu

 多くの人が使うからか、複合機の画面タッチの反応がよくありませんでした。触れても反応しないことが複数回ありました。あるいは、処理速度が遅すぎて反応が鈍いように見えるのかもしれません。最終の操作後、1分30秒待つように画面上で指示されるのですが、その後5分間何の反応も見受けられませんでした。お店の人にも操作してもらったのですが、うんともすんともいわず。店員さんがリース元に問い合わせようとした瞬間にようやく目を覚ましてくれました。この機械がフリーズしたら気長に7分くらい待ちましょう。

 今回は2L版だったので80円かかりました。L版だと30円です。写真用の紙ではなく光沢紙でもよければ、A4版に伸ばしたり、1枚のA4光沢紙の中にに複数の画像をプリントすることもできるようです。A4光沢紙の場合には120円かかります。

額装されたフブの写真

 肝心の画質。これはカメラやパソコンのモニターで確認した画像とは色味がかなり違います。私の場合には、異様に黄色っぽいような茶色っぽいような感じになり、影が濃い目になって、細かなところがよく見えなくなってしまいました。複合機が自動的にコントラストを上げたようです。万人向けの無難な色味なのでしょうか。印刷された色味の方がイイ!という人もいるかもしれませんが、私は仕上がった写真を見てガッカリしました。しかし、額装したところ、必ずしも悪くない雰囲気になりました。セブンイレブンで印刷したらどうだろうかと気になってはいますが。安いL版で実験してみようかな・・・。

 額装したものを少し離れた位置から見ると、フブが浮き上がって見えます。フブが飛び出して見えるほどではないのですが、背景が後退して見えます。フブの身体も、明暗差がオリジナルよりも強化されたためか、立体感が強調されて感じられます。写真の色やボケと額の色や構造が組み合わさって錯視を生じさせるようです。額装したものを何枚か撮影しましたが、それらの画像の中のフブを見ても、際立立体感は感じられません。普通の写真に見えます。人間の感覚は不思議だと思いました。

 撮影したオカメ画像をパソコン等で楽しむのもよいですが、プリントして額装を工夫すると凄い写真に化けるかもしれませんよ!


←人気ランキングです。クリック数を記事作成の参考にします。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。